啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

啄木と花

「矢車草 <5> おわり」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

「矢車草 <5>」 -石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 矢車草 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 函館の青柳町──そこにはまさしく友がいて、友情の花が咲いていた。まだまだ自分も未来を信じていいのだと、ひそかに心に呟いたこ…

「矢車草 <4>」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

「矢車草 <4>」 -石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 矢車草 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 二度と戻らぬ函館の日々を振り返る啄木は、「函館の青柳町こそかなしけれ」と感傷的な眼差しを向ける。しかしこの歌においては感…

「矢車草 <3>」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

「矢車草 <3>」 -石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 矢車草 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 函館公園、それは明治40年の青柳町を扇の形に配置した、文字どおりの要であった。それはまた、啄木が青柳町に住み、この世に没し…

「矢車草 <2>」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

「矢車草 <2>」 -石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 矢車草 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 この歌は特定の人を歌ったものでなく、苜蓿社の人びとを懐かしがってのちに歌ったもので、矢車の花は函館では六月から七月に咲き…

「矢車草 <1>」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

「矢車草 <1>」 -石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 矢車草 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 初出「スバル」明治43年11月号 家の周囲に矢車の花が咲き、友と文学を語り恋愛を談じ作歌に親しんだあの青柳町時代がとりわけて…

「浜薔薇 (ハマナス)」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

-石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 浜薔薇 (ハマナス) 潮かをる北の浜辺の 砂山のかの浜薔薇よ 今年も咲けるや 初出「一握の砂」 潮のかおる北の浜辺の砂山のあの浜なすの花よ。今年も美しく咲いていることであろうか。 大森浜の海岸の砂山の…

「ヒバ」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

-石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- ヒバ ふるさとの寺の畔の ひばの木の いただきに来て啼きし閑古鳥! 畔=ほとり 初出「新日本」明治44年7月号 ああ、故郷の寺のそばのひばの木のいただきに来て鳴いた閑古鳥の懐かしいことよ。 本林勝夫氏は、…

「梅」-啄木の歌に登場する花や木についての資料-

-石川啄木の歌に登場する花や木についての資料- 梅 ひと晩に咲かせてみむと、 梅の鉢を火に焙りしが、 咲かざりしかな。 初出「創作」明治44年2月号 一晩のうちに梅の花をなんとか咲かせてみようと思って、梅の鉢を火にあぶったが、咲かなかったことだ。 (…