〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

2018-03-01から1ヶ月間の記事一覧

 啄木:樹人「ゆかりの地ガイドマップ」秋田県鹿角市

秋田)啄木と樹人のマップ完成 鹿角 鹿角市に縁がある国民的歌人の石川啄木(1886〜1912)と、同市出身で「おもちゃのマーチ」を作曲した小田島樹人(1885〜1959)の「ゆかりの地ガイドマップ」ができた。市内や小坂町に点在する14カ所を写真、解説付きで紹…

 〈何となく汽車に乗りたく思ひしのみ 汽車を下りしに ゆくところなし〉石川啄木

[サクラとカモ] 四季「旅好きにはいい季節となった」 旅好きにはいい季節となった。春風に誘われ“鈍行”に揺られるのもいい。窓外に流れる桜の花に心も弾む。目的など要らない。ただ、時の流れに身を任せる。どこへ行っても外国人が多いのにはびっくりするが…

 啄木祭 3/31 あいち 4/14 三郷 5/13 東京 6/24 関西

〇 あいち啄木祭 2018年3月31日 第一部 啄木をいける、歌う、詠む、描く 第二部 講演とパネルディスカッション 〇 三郷啄木祭 2018年4月14日 講演 講談 〇 東京啄木祭 2018年5月13日 講演 文化行事 〇 関西啄木祭 2018年6月24日 講演 報告 詳細

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <8 (おわり)>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 8 資料 (1)啄木歌碑趣意書 小樽駅近くに『啄木』第三の歌碑を! 資料 (…

 「灯ともる頃のいそがしさかな」啄木

コラム 「新生面」 熊本日日新聞 新聞社を「灯ともる頃のいそがしさかな」と歌ったのは、明治の東京朝日新聞で校正記者だった石川啄木である。本紙でも日がとっぷり暮れた頃からニュース面のゲラ刷りが配られ始め、作業は未明に及ぶ。 「ゲラ」は活版印刷で…

 石川啄木:岩手の「明治」を形作った偉人のひとり 

明治150年 岩手の明治に触れてみよう ― 近代化の礎を築いた本県の偉人・建物 ― 2018年は、明治元年から数えて150年に当たる年。激動の時代の中、本県の偉人たちは、政治、経済、医療、文化、学問など幅広い分野で活躍した。 150年目の節目に、岩手の「明治」…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <7>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 7 小樽公園の啄木歌碑 小樽公園の啄木歌碑 (1999年) 花園通りから公園通り…

[啄木 イベント] 企画展「文人たちから見た啄木」〜6/11

啄木支えた文人の視点 盛岡てがみ館で企画展 石川啄木(1886〜1912年)と交流があった歌人らの啄木への思いを資料で紹介する企画展「文人たちから見た啄木」が、盛岡市中ノ橋通の盛岡てがみ館で開かれている。 会場には、「銭形平次」で知られる紫波町出身の…

 石川啄木など郷土の文学者の研究を文化政策に

盛岡市と盛岡大などが包括協定/岩手 特色ある研究をまちづくりにつなげようと、盛岡市と盛岡大学それに盛岡大学短期大学部が包括協定を結びました。26日、締結式が開かれ、谷藤裕明市長と徳田元学長が協定書に署名しました。 具体的な取り組みは検討中です…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <6>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 6 啄木 第一、第二の住居 花園公園通り 明治後期 (「小樽なつかし写真帖」第…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <5>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 5 水天宮にある啄木歌碑も新装披露 (トイレ脇にあったとき 1999年) 境内に昇格-2005年10月に除幕式 水天…

 「こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ」名言巡礼

[サクラとカモ] [名言巡礼]石川啄木「一握の砂」 [読売新聞] こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ 心の叫び最後を支えた歌 26年2か月。啄木の短い生涯は、仕事との格闘の連続だった。20歳で故郷・岩手県の渋民村(現・盛岡市)に…

 啄木の歌100首のかるた大会 優勝したのは…

啄木かるた大会で優勝 函館の「わんぱくクラブ」 函館市柳町の学童保育所「わんぱくクラブ」に通う山田沙和さん(小6)、大和谷彩弥さん(小6)、三浦夢華さん(小3)のチーム「わんぱく銀河」が、2月17日に盛岡市で開かれた「啄木生誕祭 第16回啄木かるた大…

 啄木の命日「4/13」 石川啄木記念館無料開放

[アセビ] 啄木忌無料開放 石川啄木記念館 4/13 開催日 平成30年4月13日(金曜日) 開催時間 午前9時 から 午後5時 まで 紙芝居:午後2時から午後2時30分まで 対象 どなたでも 開催場所 石川啄木記念館 内容 この日は,啄木の命日で宝徳寺(記念館隣)にて午…

 明治40年大火では啄木も影響を受けた 函館大火

「函館大火の犠牲者悼む 85回忌慰霊法要に遺族ら40人参列」 [函館新聞] 1934(昭和9)年3月21日に発生し、2166人の尊い命が犠牲となった函館大火の発生から丸84年を迎えた21日、殉難者85回忌慰霊法要(函館市佛教会主催)が市慰霊堂(大森町33)で静粛に執り…

 古里を詠み続けた啄木「かにかくに渋民村は…」

[ヒスイカズラ] 卓上四季「ふるさと」 [北海道新聞] 1907年(明治40)、代用教員の石川啄木は校長と対立して失職、古里の岩手県北岩手郡渋民村(現盛岡市)を捨て北海道に渡った。そのため、妻は幼い長女と盛岡の実家に戻り、母は村内の知人宅に居候すること…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <4>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 4 啄木と多喜二 ─同じ時 同じ小樽の空気を吸った二大文学者─ 市立小樽文学館・美術館 小樽文学館の入口(201…

 「石川啄木と三陸沿岸」ふるさと観光講座 3/31

陸前高田市観光物産協会 平成29年度 第3回ふるさと観光講座 演題 「石川啄木と三陸沿岸〜陸前高田を中心に〜」 講師 石川啄木記念館館長 森義真氏 今回は当市にもゆかりのある石川啄木について、石川啄木記念館館長 森義真氏を講師にお招きし、講演していた…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <3>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 3 小樽日報社跡小樽日報は、創刊1907年(明治40年)10月15日。社長は、初代釧路町長の白石義郎(東泉)だっ…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <2>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 (1 小樽駅と啄木 つづき) 「駅正面にある案内板」 駅を出たところには「石川啄木と小樽駅」という案内板が…

 啄木像浮き彫り てがみ館 〜6/11

文人11人と啄木の交流を紹介 盛岡てがみ館 盛岡市中ノ橋通の盛岡てがみ館(平政光館長)は6月11日まで、企画展「文人たちから見た啄木」を開いている。石川啄木と交流した文人たちが残した書簡や原稿を展示し、啄木に対する思いや交流の様子を紹介している。…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <1>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 ◯ 小樽の啄木 「風に吹かれる啄木」水谷のぼる ブロンズ(小樽文学館)2018年撮影 函館本線に乗り札幌から小…

 「牧水と啄木―短歌と人をめぐって」啄木学会 宮崎大会 5/12〜13

[マンサク] 2018年牧水研究会・国際啄木学会 宮崎大会【大会テーマ】牧水と啄木―短歌と人をめぐって 日時 2018年5月12日(土)10:30〜20:00(懇親会含む) 会場 宮崎産業経営大学(宮崎市古城町)5号館5202番教室 〇 5月12日(土) 13:00〜13:15 開会あいさ…

 歌を詠む啄木の頭上に流れる豊かな韻律

おんば訳で読む啄木 (天声人語) 〈稼(か)せぇでも稼せぇでもなんぼ稼せぇでも楽(らぐ)になんねァじィっと手っこ見っぺ〉。はたらけどはたらけど猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざりぢつと手を見る。石川啄木の名歌100首を、岩手県の気仙地方に暮…

 啄木が終生恋い慕った故郷の家 その家の間取りを図面化する

郷土の本棚 『三人の詩人たちと家』 牧水・白秋・啄木─その暮らしの風景 本著は3人の詩人─若山牧水、北原白秋、石川啄木の家の間取りを現地調査または資料から復元することで、彼らの創作の背景にある暮らしに迫ろうという少し変わった研究書だ。 啄木の項で…

 味わいを楽しむ啄木歌集「一握の砂」「悲しき玩具」

啄木の「一握の砂」「悲しき玩具」 近藤さん(国際啄木学会元会長)が編集、刊行 国際啄木学会元会長の近藤典彦さんの編集による石川啄木の歌集「一握の砂」と「悲しき玩具」が、桜出版(紫波町)から刊行された。長年の研究成果を結集させ、啄木の意図した…

 クルーズ船 釧路寄港 循環バスで石川啄木ゆかりの地なども

[ロウバイ] 食や文化紹介 釧路港へのクルーズ船寄港 乗客満足度アップへ 啄木解説も 釧路駅西商店街振興組合は、今年のクルーズ船が釧路港耐震・旅客船ターミナルに寄港するのに合わせ、同ターミナル発着で、歴史のある市内米町地域と釧路和商市場を巡る循環…

 国際啄木学会 東京支部会 明治大学和泉校舎 3/31

[河津桜] 国際啄木学会 東京支部会 2018年3月31日(土)14:00 〜 場所 明治大学和泉校舎 研究棟1F 会議室(和泉キャンパスのいちばん奥) 京王線/井の頭線 明大前駅 下車徒歩5分 発表 近藤典彦 『一握の砂』物語(私の場合) 近藤先生は桜出版より『一握の…

 「若者は啄木をどう読むか」 啄木忌前夜祭 4/12

 「良い歌」の特徴 牧水や啄木の歌

牧水、啄木らに学ぶ「良い歌」の詠み方〜三枝浩樹 歌人で山梨県歌人協会長の三枝浩樹さんの講演会が同市内で開かれた。宮崎県出身の歌人・若山牧水にちなみ、毎年、同県などが優れた歌集の作者に贈る第22回「若山牧水賞」の受賞記念。 三枝さんは牧水や石川…