〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

啄木のふるさとの “フォトコンテスト” 開催

f:id:takuboku_no_iki:20210515152135j:plain

ブラシノキ

啄木のふるさと 盛岡玉山フォトコンテスト

下記開催期間において,啄木のふるさと 盛岡玉山フォトコンテストを開催いたします。

「風薫る玉山での感動」を募集テーマとし,玉山地域で撮影された作品を募集します。


開催期間 令和3年5月1日(土)から7月10日(土)まで

問合先:盛岡玉山フォトコンテスト運営事務局
電 話:019-683-3852

 

啄木のふるさと 盛岡玉山フォトコンテスト|盛岡市公式ホームページ

チラシ

延期のお知らせ 池田功講演会「啄木短歌と坂井泉水のことば」 新日時 6/26

f:id:takuboku_no_iki:20210514154210j:plain

シャリンバイ

延期のお知らせ 池田功講演会「啄木短歌と坂井泉水のことば」

新型コロナウィルス感染症により緊急事態宣言が発令されているため、本イベントは延期といたします。


新しい開催日は、2021年6月26日(土曜日)です。

• 講師:池田功(明治大学教授・国際啄木学会会長)
【新しい日時】6月26日(土曜日)午後2時から4時
• 会場:町田市民文学館ことばらんど2階大会議室
• 参加費:無料
• 定員:50人(申込順)

本イベントは定員に達したため、受付を終了いたしました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
(2021-05-13 東京都町田市 町田市役所)

 

延期のお知らせ

池田功講演会「啄木短歌と坂井泉水のことば」(5月15日)/町田市ホームページ

啄木ゆかりの地を歩いて訪ねる 6/27

f:id:takuboku_no_iki:20210512161723j:plain

ヤマボウシ

石川啄木記念館 講座・ワークショップ

6/27啄木を訪ねる道ウォーク♪

開催日:令和3年6月27日(日)

時間:9:00~12:00

場所:集合はIGR渋民駅前。解散は石川啄木記念館。

講師:石川啄木記念館館長 森義真

料金:100円(保険料・資料代込※当日集金します) 

定員:15人

対象:小学生以上

今回は、盛岡市玉山地域の啄木ゆかりの地を歩いて訪ねます。

当日は石川啄木記念館の館長が皆さんをご案内します。

≪主な探訪先≫

愛宕神社(啄木が「生命の森」とよんだ場所)・寶徳寺

・渋民小学校 ・渋民公園(啄木第一号歌碑) など

※動きやすい服装と靴でお越しください。


お申込み・受付方法

6/27啄木を訪ねる道ウォーク♪- 石川啄木記念館

自分や大切な人の命を守るためにできること 〈いのちなき砂のかなしさよ…〉

f:id:takuboku_no_iki:20210510151328j:plain

ルピナス

小社会

こぼれ落ちる命

  • 〈いのちなき砂のかなしさよ/さらさらと/握れば指のあひだより落つ〉。石川啄木の歌集「一握の砂」の中の有名な一首。すくってもすくってもこぼれ落ちる砂。自らの不遇な人生を重ね合わせて、むなしさを感じたのだろうか。
  • 砂が落下する一瞬一瞬は、二度と帰ってこない貴重な時間でもあろう。人生には無用な時間など少しもない。そう考えると「いのちなき」無機質な砂が、まるで「いのちそのもの」のようにも思えてくる。啄木はそれをいとおしんでいたのかもしれない。
  • 「握りしめても握りしめても、指の隙間から命がこぼれ出ていく」。NHKのテレビニュースで先日、神戸市の訪問看護師が語っていた。新型コロナに感染したが入院先が見つからず、自宅待機する患者を巡回している。
  • 「いま一度、自分や大切な人の命を守るためにできることを、皆さんと一緒に考えていけたら」。訪問看護師が訴えた言葉をしっかり受け止めたい。

(2021-05-10 高知新聞

 

小社会 こぼれ落ちる命|高知新聞

「水中では懺悔も口笛もあぶく…」初の歌集出版 工藤玲音さん

f:id:takuboku_no_iki:20210508145534j:plain

カナメモチ

啄木の「命日」に合わせ初の歌集 作家・工藤玲音さん

  • 盛岡市の作家、工藤玲音(れいん)さん(26)が、郷土を代表する歌人石川啄木の命日の4月13日に合わせ、初の歌集を出版した。啄木が亡くなったのと同じ年齢を迎え、「負けていられない」との思いから、作品をつくり上げた。歌集は「水中で口笛」。

 水中では懺悔(ざんげ)も口笛もあぶく やまめのようにきみはふりむく

  • 水の中にいるように息苦しく窮屈な環境でも、平気なふりをして口笛を吹く――。地元を離れ、大学時代に仙台市で一人暮らしをしたときに感じた、将来への不安や苦しさをうたった表題作から取った。
  • 会社員をしながら、小説やエッセーなど幅広い分野で文筆活動をしている工藤さん。16歳から創作を始めた短歌も高い評価を受けており、歌集の出版依頼が来るようになったが、「もっとうまくなってから」と断っていた。
  • 思いが変わったのは昨夏。石川啄木記念館(盛岡市)の館長から、啄木を語るイベントで対談への出演を頼まれた際、工藤さんが冬に啄木の享年と同じ年齢になることを教えられた。「彼が生きられなかった年齢をこれから自分が生きる」。焦りと同時に、歌集を生み出そうという意欲が芽生えた。(宮脇稜平)

(2021-05-08 朝日新聞

 

啄木の「命日」に合わせ初の歌集 作家・工藤玲音さん:朝日新聞デジタル

企画展「啄木鳥探偵處のせかい」石川啄木記念館 5/18〜9/12

f:id:takuboku_no_iki:20210506152551j:plain

カーネーション

石川啄木記念館

第14回企画展「啄木鳥探偵處のせかい」

開催期間:令和3年5月18日(火)~9月12日(日)

場所:石川啄木記念館展示室

2020年4月から放送された、石川啄木金田一京助が主人公のアニメ「啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)」。

放送を記念して、アニメと原作である小説『啄木鳥探偵處』(伊井圭、東京創元社、1999年)を取り上げます。次々と奇怪な事件を解決していく探偵・啄木と、マイペースな友人に振り回されながらも彼の才能に惚れ込むお人好しな助手・京助。東京・浅草を舞台に繰り広げられる文学探偵ミステリーの世界を紹介します。

 

企画展詳細

第14回企画展「啄木鳥探偵處のせかい」- 石川啄木記念館

 


 
関連企画

第14回企画展「啄木鳥探偵處のせかい」ギャラリートーク《全4回》

開催日:令和3年5月30日(日)、6月27日(日)、7月25日(日)、8月29日(日)

時間:各日とも14:00~14:30

場所:石川啄木記念館 ラウンジ

定員:各回10名(先着順)

対象:どなたでも

第14回企画展「啄木鳥探偵處のせかい」について、学芸員がわかりやすく解説!

当日、直接会場にお越しください


ギャラリートーク

第14回企画展「啄木鳥探偵處のせかい」ギャラリートーク《全4回》- 石川啄木記念館

尾崎豊の「卒業」にも影響が!? 空に吸はれし 十五の心・・

f:id:takuboku_no_iki:20210501151641j:plain

 あの名曲「卒業」にも影響が!? 尾崎豊のクリエイションを支えた8冊の愛読書。

  文:今泉愛子

1992年4月25日、ロックミュージシャン尾崎豊は26歳の若さでこの世を去った。あれから29回目の4月を迎えた。稀有な才能を持つ詩人でもあった尾崎だが、彼のクリエイションを支えた行為のひとつが、読書だった。曲名や歌詞にその影響を読み取れる、尾崎のイマジネーションを育んだ本をここで紹介しよう。


言語感覚を磨き、創造力を広げた本との出合い。

  • 校舎の影 芝生の上 すいこまれる空――「卒業」は、少年の姿がありありと思い浮かぶ印象的なフレーズで始まるが、石川啄木『一握の砂』所収の短歌「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」に刺激されたものであろうとの指摘がある。実は、尾崎豊は父の影響で幼い頃から短歌に馴染んでいた。10代の頃から、葛藤や飢餓感を瑞々しい言葉で表現していた尾崎。当時、愛を論理的に分析したエーリッヒ・フロム『愛するということ』を熟読していたことも興味深いエピソードだ。

『一握の砂』石川啄木 著 東雲堂書店版 1910年 ※絶版

  • 26歳で早世した明治を代表する歌人が24歳の時に発表した歌集。心に浮かぶ悲しみや後悔、嫉妬など心の弱さを包み隠さず表現することで多くの人の共感を集めた。1首を1行ではなく3行で表記し、詩のような奥行きを感じさせる。

(2021-04-29 Pen Online)

 

あの名曲「卒業」にも影響が!? 尾崎豊のクリエイションを支えた8冊の愛読書。 | News | Pen Online

大会等中止のお知らせ 啄木祭実行委員会

f:id:takuboku_no_iki:20210430153028j:plain

オキザリス

~啄木祭実行委員会からのお知らせです。~

大会等中止のお知らせ

◎ 5月2日(日)第37回啄木祭短歌大会〈啄木祭短歌大会事務局〉

 

◎ 5月9日(日)第63回啄木祭全国俳句大会〈啄木祭全国俳句大会事務局〉

 

◎ 「2021啄木祭」開催中止のお知らせ

  • 6月5日(土)に姫神ホールで開催を予定しておりました「2021啄木祭」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催を中止することとなりました。チケット一般発売直前のご案内となり、楽しみにしていただいていたお客様や関係者の皆さまには、ご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

 

石川啄木記念館

ZARD30周年 坂井泉水さんの歌詞に焦点をあてて 5/15〜7/11

f:id:takuboku_no_iki:20210429152826j:plain

ホトケノザ

ことばらんど開館15周年 ZARD30周年に合わせ記念展

坂井泉水の詞をひもとく

  • 町田市民文学館ことばらんど(原町田)は、15周年を記念し、第1弾イベントとして市にゆかりのあるZARD坂井泉水(いずみ)さんの歌詞に焦点をあてた展覧会「心に響くことば展」を開催する。期間は5月15日(土)〜7月11日(日)。
  • ZARD(ザード)は坂井泉水さんを中心としたユニット。1991年にデビューし、「負けないで」「揺れる想い」などでミリオンセールスを達成した。
  • 同展は代表曲を振り返りながら、坂井さんが愛唱したという石川啄木の短歌や「詞」に込められた思いなどに注目し、直筆の歌詞原稿やレコーディング資料などを通して詞が紡ぎ出されるまでをひもとく、文学館ならではの展覧会となる。
  • 関連イベントとして、池田功明治大学教授による講演会「啄木短歌と坂井泉水のことば」(5月15日(土))を開催。

 問合せは同館【電話】042・739・3420へ。

(2021-04-29 タウンニュース>神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙)

 

町田市民文学館ことばらんど 開館15周年 坂井泉水の詞をひもとく ZARD30周年に合わせ記念展 | 町田 | タウンニュース

-啄木ゆかりの地めぐり-「文学講座」 6/16

f:id:takuboku_no_iki:20210428154041j:plain

アカバナユウゲショウ

2021.6.16開講 「文学講座」参加者募集のお知らせ

文学講座の3年目。今年度は「啄木ゆかりの地めぐり」とし、啄木新婚の家、記念館、歌碑などバスで尋ねます。
2回シリーズで、初回は現地研修に出かけます。

ご参加お待ちしています。

 

・日時 (1)6月16日(水) (2)10月27日(水)

・
場所 初回(1)は盛岡方面。(2)は水沢地区センター会議室


・定員 20名 5/10(月)より窓口で受付開始。定員になり次第受付終了

・
参加費 500円(資料代他) 1回目の昼食代は各自負担(850円)

・
申込み・問合せ 水沢地区センター(電話23-3165)


 

◎ 岩手県奥州市水沢地区センター
 〒023-0063岩手県奥州市水沢聖天85-2
 TEL 0197-23-3165

 

奥州市水沢地区センター:行事予定