〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

発掘資料から啄木を掘り起こし 新事実を突き止めた書『石川啄木と岩手日報』

f:id:takuboku_no_iki:20200223161330j:plain

 

郷土の本棚

石川啄木岩手日報』小林芳弘著
  記事から知る新事実

  • 啄木の生涯で就いた職業は、代用教員と新聞社勤めの二つ。新聞社は、北海道4社と東京朝日新聞で、岩手日報に籍を置くことはなかった。
  • しかし、啄木は日報紙上には113編もの短歌、詩、評論、エッセーなどの作品を掲載している。これらの作品を集大成した文献として、図録「啄木と岩手日報」(95年)があり、石川啄木記念館が95年に同タイトルの特別展を開いた際にまとめられた。
  • 今回の書は、前掲の図録と書名はほぼ同じでも、内容は全く異なる。解題すれば「啄木の作品ではない岩手日報の記事を渉猟して、これまで伝えられていなかった啄木の動向を掘り起こし、伝記的な新事実を突き止めた書」となろう。
  • 具体的な例として、第3章「渋民村の祝勝会」を挙げる。04(明治37)年8月9日の「渋民村の祝勝会」の記事は、啄木の日記が空白の時期に日露戦争中盤における大祝勝会が渋民村で行われ、「石川啄木日露戦争と黄禍論」が諸氏とともに弁論されたことなどを報じている。この記事を誰が書いたのかについて、著者は背景に啄木と友人の伊東圭一郎、それに岩手日報主幹の清岡等がいることを突き止め、啄木の評論「閑天地(十四) 我が四畳半(五)」における言及から、「啄木が書いた原文をもとに、岩手日報記者が記事に仕立てた」と推論した。
  • これまでに取り上げられることがなかった岩手日報の記事から資料を発掘したこの書によって、啄木の伝記研究に新たな脚光が浴びせられた、と言ってよい。

(森義真・国際啄木学会理事、石川啄木記念館館長)

(2020-02-23 岩手日報
 

石川啄木岩手日報
  著者 小林 芳弘
  桜出版 税込 1,650 円
   メール sakuraco@leaf.ocn.ne.jp
   ファックス  019-613-2369

 

対談「啄木のこと これからのこと」 6/1

f:id:takuboku_no_iki:20200223155612j:plain

ハクモクレン

NHK学園生涯学習通信講座
【作品募集】伊香保短歌大会(WEB投稿も受付中!)

短歌と温泉をいっしょに楽しみませんか!

万葉集の東歌にも詠まれた歴史ある伊香保。湯のまち、文学のまちで今年も開催いたします。
どなたでもご投稿いただけます。
今年からWEBからの投稿も受付中です!

 

選者:三枝 昻之、古谷 智子、松尾 祥子、松村 正直

投稿締切:(郵送)2020年3月19日(木)消印有効
     (WEB)2020年3月19日(木)17:00

開催日時:2020年6月1日(月)13:00~16:00

会場:伊香保温泉 ホテル天坊

対談:「啄木のこと これからのこと」三枝 昻之 ・ 松村 正直

 

詳細

伊香保短歌大会2020_NHK学園生涯学習フェスティバル

盛岡と函館 啄木に関する人材や文化の交流促進

f:id:takuboku_no_iki:20200222154759j:plain

ヤマガラ (撮影 高知市 岡林一彦さん)

啄木の縁 交流深化へ覚書 盛岡市教委、函館と締結

  • 盛岡市教委は15日、同市渋民出身の詩人・歌人石川啄木にゆかりのあるまちとして、北海道の函館市教委と友好交流に関する覚書を締結した。啄木に関する人材や文化の交流促進を誓った。
  • 調印式は同日の啄木かるた大会会場となった渋民の姫神ホールで行った。覚書には両市それぞれで開かれる啄木かるた大会への選手派遣、啄木のイベントや観光情報の共有などを盛り込んだ。
  • 函館市の辻俊行教育長は「函館でも子ども、大人たちの啄木に関する取り組みが充実するように努める」と交流の深化を誓った。盛岡市の千葉仁一教育長は「かるた大会による交流継続はもちろん、函館市との友好がより深まるよう取り組む」と力を込めた。

(2020-02-16 岩手日報

啄木の縁 盛岡産アカマツのベンチが文京区役所へ

f:id:takuboku_no_iki:20200221154513j:plain

カワヅザクラ

啄木がつなぐ縁 東京・文京区に盛岡産材ベンチ寄贈

  • 岩手県盛岡市と友好都市を結ぶ東京都文京区に19日、盛岡産のアカマツで製作したベンチが贈られた。盛岡市は、歌人石川啄木が生涯を閉じた場所の文京区と友好都市を結んでから20日で一周年を迎えた。
  • その記念として贈られた2人がけのベンチ2基は、耐久性や強度に優れた盛岡産のアカマツを使い、岩手大学との共同研究で開発中のデザインを基に製作された。側面部分には石川啄木の短歌や肖像画などがレーザー彫刻で表現された。
  • ベンチは文京区役所のエントランスに設置される予定。

(2020-02-20 テレビ岩手ニュース )

 

動画あり

啄木がつなぐ縁 東京・文京区に盛岡産材ベンチ寄贈(テレビ岩手ニュース) - Yahoo!ニュース



啄木『最後の手紙』盛岡市に寄贈  妹の孫より

f:id:takuboku_no_iki:20200220152302j:plain

啄木が妹光子に宛てた1908年の自筆書簡(岩手日報2020年2月19日記事より)

啄木の証し 故郷へ『最後の手紙』寄贈
  妹・三浦光子の孫、哲朗さん(神戸)

  • 盛岡市渋民出身の歌人石川啄木(1886~1912)の資料が18日、同市に寄贈された。妹三浦光子(1888〜1968)に母や自らの病状を伝える自筆書簡や、死の床で友人に代筆させた「啄木最後の手紙」などいずれも貴重な資料。同市渋民の石川啄木記念館(森義真館長)が収蔵し、今後公開する。
  • 資料は光子の孫哲朗さんが両親から受け継ぎ保管していたもので、書簡に加え啄木の写真や啄木の父・一禎の歌稿など合わせて9件15点が寄贈された。写真など未整理の膨大な資料も同館に託された。
  • 啄木から光子に宛てた書簡は3点。上京後の1908年7月18日付の手紙では文学での立身に挫折し、困窮する中での悲痛な思いを訴える。(上の写真)
  • 同館で寄贈式に臨んだ哲朗さんは「自筆の手紙は活字で読むより感じるものがある。若い人たちにぜひ見てほしい」と強調。森館長は「貴重な1次資料で、啄木の人間性や短歌の良さをより多くの人に伝えられる」と喜ぶ。
  • 資料は来年2月の収蔵資料展で公開予定。

    (2020-02-19 岩手日報

 


 

石川啄木の「ラストレター」盛岡市に寄贈/岩手

  • 盛岡出身の歌人石川啄木が亡くなる間際に妹に宛てたいわゆる「ラストレター」とみられている手紙など、複数の貴重な資料が18日、盛岡市に寄贈されました。
  • 

今回寄贈されたのは、4人兄弟の末っ子で、啄木唯一の妹・光子の親族が保管していた手紙や写真などです。中でもこちらは、啄木が26歳という若さで亡くなる3週間ほど前に友人に代筆してもらい記した手紙で、現在の研究では「人生のラストレター」とみられているものです。兵庫県で暮らしていた光子へ母・カツの最期を告げるもので、「『みいが居ない』と言ふと、それ切り音がなくなつた」と、母が死ぬ間際まで光子を思いやっていたことをしたためています。


  • 光子の孫で神戸市在住の三浦哲朗さんは、「神戸の震災(阪神・淡路大震災)もあったが、その時もこの資料を抱えて飛び出した。かなり大事に、光を当てないように保存していたものです。活字よりも本物を、写真でもいいと思うが(実物を)見るのは全然違うと思う。特に若い人たちに本当に見てほしい」と語りました。

(2020-02-18 IBC岩手放送

 

動画あり

石川啄木の「ラストレター」盛岡市に寄贈/岩手 | IBC NEWS

 


 

啄木 妹へ悲痛な思い 三浦さん(光子の孫)自筆書簡など盛岡市に 21年2月資料展で公開へ

  • 光子は啄木と同じ渋民の宝徳寺に生まれ、兄らとともに北海道に渡った。名古屋の聖使女学院に学びキリスト教の婦人伝道師となって各地を回り、牧師の三浦清一と結婚。夫の死後は神戸愛隣館の館長として恵まれない子どもたちの更生福祉に当たった。
  • 

1912年2月16日の書簡が書かれたのは、啄木が腹膜炎で入院し退院するも体調が戻らず、妻節子は肺カタル、母カツが結核を患っていた時期。啄木の苦しい現状への不満が記されている。


  • その他、1902年撮影と思われる「石川啄木写真」の原本、金田一京助が光子に宛てた書簡、光子が啄木の短歌を書いた掛け軸4点、父の一禎が光子やその夫清一に宛てた書簡、一禎の歌稿などが寄贈された。
  • 
啄木ファンでもある三浦さん。「明治の文学の中でも青春の文学という言葉がぴったり。渋民の自然を歌ったきれいな歌もあり、何度読み返してもいいと思う」と語る。資料が今後盛岡で紹介されるに当たり、「啄木自身に関する資料はいろいろ展示されているが、妹の光子も社会的な活動をした人。そういうところもぜひ知ってもらいたい」と期待した。
  • 

森館長は「一次資料が少なくなっている中、これほど貴重な資料が収蔵されて多くの人に見てもらえるのはありがたい。より啄木の人間性、誰にでも分かってもらえる短歌の良さを含め、いろいろなことを伝えられる」と歓迎。「全国から訪れる啄木ファンはもちろん、文字資料に親しみのない方にも直筆書簡など現物を見てもらい、啄木の息吹に触れてほしい」と語った。

(2020-02-19 盛岡タイムス)

 

啄木 妹へ悲痛な思い 三浦さん(光子の孫)自筆書簡など盛岡市に 21年2月資料展で公開へ | 盛岡タイムス Web News

 


 

小説売れず「親孝行充分出来ない」 石川啄木直筆の手紙 妹の孫が岩手の記念館に寄贈

  • 石川啄木記念館(盛岡市渋民)が、啄木直筆の手紙や写真など資料15点を、啄木の妹・光子さんの孫である三浦哲朗さんから譲り受けることになり、18日に寄贈式が開かれた。盛岡市から三浦さんに感謝状が贈られた。
  • 寄贈された資料には、啄木が光子さんに宛てた手紙やはがき3通が含まれる。22歳の啄木が、小説が売れず、自暴自棄になって送った直筆の手紙では「兄さんはあんまりえらい為に、金持にもなれぬし、親孝行も充分出来ない。お前だけ(で)も専心親孝行してくれ。この兄が頼むから、毎日毎日少しづつでも余計におつ(っ)母さんを慰めてくれ」と記している。
  • 三浦さんは父が亡くなった約6年前から「私が持っているよりも、管理がしっかりした公の施設に寄贈したほうがいい」と考えていたといい、「本を読まなくなった若い人たちにも見てほしい」と語った。同館の森義真館長は「直筆の資料を見ることで、啄木の息吹に触れて」と来館を呼び掛けている。資料の多くは2021年2月ごろから展示される予定。【山田豊

(2020-02-19 毎日新聞

 

小説売れず「親孝行充分出来ない」 石川啄木直筆の手紙 妹の孫が岩手の記念館に寄贈 - 毎日新聞

 


  

啄木の直筆書簡 妹の孫から寄贈

  • 石川啄木の妹の孫である三浦哲朗さんが、啄木直筆の書簡などを盛岡市に寄贈した。石川啄木記念館に収蔵され、一般向けにも展示される予定だ。
  • 18日、同館で寄贈式があった。贈られたのは、啄木が妹の三浦光子に宛てて書いた手紙や、兄姉に送った写真など15点。手紙には文学で身を立てようと上京した啄木が生活に困窮して自暴自棄になる様子や、結核を患う母を前にした苦しい胸の内がつづられた。

(2020-02-19 朝日新聞

 

啄木の直筆書簡 妹の孫から寄贈:朝日新聞デジタル

啄木かるた大会 故郷の盛岡で

f:id:takuboku_no_iki:20200216143128j:plain

ウメ

岩手)啄木の歌でカルタ大会、大熱戦 生誕日前に盛岡で

  • 盛岡出身の歌人石川啄木にちなんだカルタ大会が15日、盛岡市の渋民文化会館で開かれた。小学生の部から一般の部まで計68チーム204人の参加者が練習の成果を発揮し、熱戦を繰り広げた。
  • 啄木の歌に親しみ、作品の理解を深めてもらおうと20日の生誕日にあわせて行われている。上の句が読まれると、参加者たちは「はい」と札をめがけて勢いよく手を伸ばした。
  • 18回目の今大会は、啄木が移り住んだ函館市の子どもたちも参加した。(上地一姫)

(2020-02-16 朝日新聞

 

岩手)啄木の歌でカルタ大会、大熱戦 生誕日前に盛岡で:朝日新聞デジタル

 


啄木の故郷でかるた大会、歌に親しみながら200人熱戦 函館大会の優勝チームも参加/岩手・盛岡市

(2020-02-15 IBC岩手放送

動画あり

故郷・渋民で「啄木かるた大会」/岩手・盛岡市 | IBC NEWS

 



啄木かるた大会 岩手・盛岡市

(2020-02-15 日テレNEWS)

 

動画あり

啄木かるた大会 岩手・盛岡市|NNNニュース

 


 

啄木かるた大会 岩手・盛岡市

(2020-02-15 テレビ岩手)

 

動画あり

啄木かるた大会 岩手・盛岡市

 



熱戦!札を取り合う 啄木かるた大会【岩手・盛岡市

(2020-02-15 岩手めんこいテレビ

 

動画あり

熱戦!札を取り合う 啄木かるた大会【岩手・盛岡市】 - FNN.jpプライムオンライン

 



小中学生ら204人、啄木かるた競う 盛岡で大会 /岩手

(2020-02-16 毎日新聞

小中学生ら204人、啄木かるた競う 盛岡で大会 /岩手 - 毎日新聞

「相馬校長排斥事件の真相」啄木学会セミナー

f:id:takuboku_no_iki:20200213152420j:plain

東京セミナー 明治大学 撮影 山田武秋さん

学芸余聞

「啄木の思い込み」が背景

国際啄木学会東京セミナーは東京都千代田区明治大学でこのほど開かれた。

  • 同学会前盛岡支部長の小林芳弘さんは1904(明治37)年の「相馬徳次郎排斥事件」について論考。渋民尋常高等小校長だった相馬は、「酒のめば/刀をぬきて…」という啄木の短歌と日記の記述から、その奇行によって啄木らに排斥された教師不適格者とされてきた。
  • 啄木と旧知の上野サメの回想記や啄木の日記の再検討から「相馬校長が渋民小から転出したのは通常の人事異動。排斥運動が成功したという啄木の思い込みが、3年後のストライキ事件の背景にある」とした。
  • 研究発表した明治大大学院の応宜娉(おうぎへい)さんは、1934(昭和9)年4月、中国の新聞「庸報」の文芸欄に東京から「香山(こうざん)」という人物が寄せた啄木生誕50年の記念文について考察した。
  • 筆者は中国左翼作家連盟メンバーの張香山と推測。「香山はプロレタリア文学者たちが描いた啄木像に触れ、共感。啄木を『時代閉塞に宣戦し光明に向かう文学者』ととらえ、左翼同士を励ますために寄稿した」と述べた。

(2020-02-12 岩手日報

若者には人気の一首 <友がみなわれよりえらく見ゆる日よ…> 啄木

f:id:takuboku_no_iki:20200212153917j:plain

新生面

  • 自分が育った国や地域を愛することができるのは幸せなことだ。その象徴として、独立記念日革命記念日を持つ国もある。日本では2月11日を「建国記念の日」として祝う。先の戦争前は紀元節と呼ばれていた。ただし、その由来は初代天皇である神武天皇の即位日とされ、明確な史実はない。
  • 今の世界は、グローバリズム経済の嵐が吹き荒れ、貧富の格差は増し移民層との対立が激しい国もある。そこに住む人たちに一体感があるとは思えない。
  • 早春の祝日。のんびりと植木市をのぞいてみたい。<友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひきて妻としたしむ>。前半部分には貧乏に悩んだ啄木らしい自虐も感じられるが、現代の若者には人気の一首という。共感を呼ぶのだろうか。後半の「花を買ひきて…」は、ほっこりとして暖かい。

(2020-02-11 熊本日日新聞

 

2月11日付 | 新生面 | コラム | 熊本日日新聞社

「さらさらと氷の屑が/波に鳴る/磯の月夜のゆきかへりかな」啄木

f:id:takuboku_no_iki:20200211160433j:plain

啄木歌碑 釧路市 米町公園内

卓上四季

流氷の遅れ

  • 「しらしらと氷かがやき/千鳥なく/釧路の海の冬の月かな」。釧路港を見渡す釧路市米町公園に石川啄木の歌碑がある。1908年(明治41年)1月から4月にかけて滞在した釧路での経験は、数々の印象深い作品を生んだ。
  • 凍(い)てつく海には流氷が姿を現したようだ。「さらさらと氷の屑(くず)が/波に鳴る/磯の月夜のゆきかへりかな」という歌も残している。今でこそ流氷が釧路まで南下するのは極めてまれだが、釧路地方気象台によれば、1950年代から70年代には毎年のように眺めることができた。
  • 先週末、紋別には流氷が接岸した。1日遅れて網走は流氷を陸上で確認できる「流氷初日」を迎えたが、46年の統計開始以来、2番目に遅い観測という。「流氷博士」と呼ばれた故青田昌秋さんは、「流氷の存在そのものが恵み」と説いた。その言葉が切実に響く地球環境の今である。

(2020-02-11 北海道新聞

 

流氷の遅れ:北海道新聞 どうしん電子版

函館市教委と盛岡市教委 友好交流の覚書 啄木の縁

f:id:takuboku_no_iki:20200210151052j:plain

ウメ

石川啄木の縁で友好交流/函館、盛岡市教委、覚書締結へ【函館】

  • 函館市教委は、互いに歌人石川啄木にゆかりのある岩手県盛岡市教委と友好交流の覚書を締結する。約24年にわたり交流が続いてきた両市は、締結を機にさらに絆を強める。
  • 両市の交流が始まったのは1996年。啄木生誕110年を記念し、啄木のふるさと岩手県玉山村(現・盛岡市)から村民の訪問団が函館を訪れ、啄木関連の資料がある函館市文学館などを見学した。
  • 函館ハーフマラソン大会(当時)、玉山で行われる「啄木の里ふれあいマラソン大会」、「啄木交流かるた大会」など、互いにチームを派遣し親睦を深めてきた。
  • 盛岡市教委から「今後も交流を維持したい」と打診があり、函館市教委もこれまでの交流の経過を踏まえ受諾。15日に盛岡市で開かれる啄木交流かるた大会盛岡大会の会場で調印式が行われ、函館からは辻俊行教育長らが参加する。

(2020-02-07 HOKKAIDO NEWS LINK)

 

石川啄木の縁で友好交流/函館、盛岡市教委、覚書締結へ【函館】 | 北海道ニュースリンク