〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

「でくっこつば、でくっしこ」生まれた土地の言葉に力をもらう

f:id:takuboku_no_iki:20200922164653j:plain

コスタス・スペキオスス


風向計  社説・コラム

「でくっこつば」の力 岩本誠也

  • 東京・上野駅前の広場に「あゝ上野駅」の歌碑が立つ。東京五輪があった1964年の井沢八郎さんの大ヒット曲。中学を出て集団就職列車で上京し、高度経済成長を支えた「金の卵」への応援歌として長く歌い継がれる。

<ふるさとの訛(なまり)なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく>

  • 100年以上前に詠まれた石川啄木の歌碑も上野駅構内にある。生まれ育った土地の言葉に古里を思い、力をもらう。誰しも同じだろう。
  • 熊本県南部を襲った7月の豪雨の後、ラジオから懐かしい言葉が流れてきた。「でくっこつば、でくっしこ」。自分のできることをできる範囲で、という意味の熊本弁。被災地支援に取り組むグループの合言葉だという。
  • このグループは「熊本弁ネイティブの会」。愛する熊本弁だけで話す飲み会を東京で開こうと2012年5月に10人で発足した。フェイスブック(FB)で輪が広がり、会員は2800人を超えた。
  • 会長の平野洋一郎さん「古里への恩返しはいっちょん足らん」。熱い熊本弁が心地いい。 (論説委員

(2020-09-22 西日本新聞

 

「でくっこつば」の力 岩本誠也|【西日本新聞ニュース】

啄木先生のナゾを追え!  岩手県立図書館

f:id:takuboku_no_iki:20200919185936j:plain

ヨメナ

 岩手県立図書館

企画展「第34回 啄木資料展」

過去2年の間に当館が新たに収集した石川啄木関連資料を展示します。

併せて、啄木が抱いた思想の移り変わりを、自身の作品や当時の文学等を紹介しながらたどるテーマ展示を行います。
 
・期間 10月27日(火)~1月17日(日)
      ※10月30日(金)~11月14日(土)は休館日

・会場  4階 展示コーナー

 

 ◇パズル&スタンプラリー「啄木先生のナゾを追え!」

啄木先生のナゾを追って館内をめぐり、オリジナルしおりをもらおう!

子ども向けのかわいい「スタンプクイズラリー」と、難しい大人向けの「言葉さがしパズル」を用意しています。ぜひ挑戦してください!

・日時 10月27日(火)~1月17日(日) (景品がなくなり次第終了)
   ※解答用紙は各カウンターにあります。

 

岩手県立図書館
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
電話:019-606-1730/Fax:019-606-1731

「石川啄木記~君に与ふウタ~」和太鼓朗読劇 10/4

f:id:takuboku_no_iki:20200917154303j:plain

アザミ

「和太鼓朗読劇 石川啄木記~君に与ふウタ~」

26歳の若さでこの世を去った歌人 石川啄木の日記のきらめき。 帰れぬ故郷、病と夢、そのはざまで書き残したのは、泥中に咲く人を抱きとめる歌。

・日時 令和2年10月4日(日)
・第1部 14:00 開演、第2部 18:00 開演 
・会場 大沼国際セミナーハウス(北海道亀田郡七飯町字大沼町127-1)
・料金 1,500円(小学生以下無料)
・その他 定員40名。約1時間の講演です。

和太鼓・篠笛の創作曲と朗読に、 愛を灯した「鎮魂劇」
・文(日記・手紙・詩歌) 石川 啄木・金田一 京助
・作曲・指揮・芸術監督 佐藤 三昭(宮城 邦洋楽作曲家)
・構成・演出 高橋 リサ(七飯 童話作家
・朗読 リナ(函館 詩人)
・和太鼓・篠笛 ことの音ユニット Neri –ネリ

 

大沼国際セミナーハウス

 


 
石川啄木記~君に与ふウタ~」

 啄木の心情 朗読と太鼓で
  10月4日大沼で公演 「故郷への思い」表現

  • 大沼公園】和太鼓朗読劇「石川啄木記~君に与ふウタ~」(北海道大沼国際交流協会主催)が10月4日、大沼国際セミナーハウス(大沼町127)で開かれる。
  • 構成、演出を手がける七飯在住の童話作家高橋リサさんは「以前から地元の自然の中で公演したかった。人も太鼓も自然がふるさとという側面があり、啄木の詩のテーマである『ふるさと』と重なる」と語る。

(2020-09-16 北海道新聞

 

啄木の心情 朗読と太鼓で 10月4日大沼で公演 「故郷への思い」表現:北海道新聞 どうしん電子版

啄木はトレンドリーダー&インフルエンサーだった…?

f:id:takuboku_no_iki:20200916153420j:plain

マユミ

[アサコレ!コラム] 九州朝日放送

石川啄木の“実態”はこうだった!? ~初恋~

「はたらけどはたらけど 猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざり ぢつと手を見る…」といえば石川啄木

  • この短歌からは清貧な印象を受けますが、そんな啄木をうそつきで見えっ張り、酒飲みで女好きの歌人として描いている作品があったんです。そのタイトルは「啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)」。
  • 当時の日本の文学界は最先端のポップカルチャーであり、活躍する文士たちは新聞にゴシップが書き立てられる今の芸能人に近い存在でした。本当に「清貧の歌人なんて嘘(うそ)っぱち、啄木は女好きで借金ばかりしていたダメ人間だった!」という評価が残っている一方で、それ自体が、実は意図的な自己演出だった可能性があるんです。
  • 歌人の山田航(やまだ・わたる)さんによれば「兄貴肌の部分をおくびにも出さず、啄木は“わがままで自分勝手な男”を演じていたのです。彼は高尚な文学者ではなく“芸人”のような存在だったので、そのダメ人間ぶりをあげつらうほど彼の思うつぼだった。明治時代の文士はトレンドリーダーであり、インフルエンサーだった…」と語ります。

(2020-09-16 九州朝日放送

 

アサコレ!コラム|富田薫のアサコレ!|KBC九州朝日放送

ふろく展 中原淳一「啄木かるた」の展示も 〜9/27

f:id:takuboku_no_iki:20200914160240j:plain

「啄木かるた」 中原淳一

中原淳一のはじめての、ふろく展。

 ほぼ日手帳2021 weeks「中原淳一」発売記念

中原さんがうみだした、
昭和の時代の女の子たちをときめかせた
雑誌『少女の友』『ひまわり』の「ふろく」を、
ずらりと一堂に展示いたします。

・期間 2020年9月11日(金)〜 2020年9月27日(日)

・場所 TOBICHI②(表参道・ギャラリー)東京都港区南青山4­-28­-26

・時間 11:00〜19:00

 

展示のひとつに啄木かるた

 絵札には中原さんの絵が、読み札には啄木さんの詩がかかれている

(TOBICHI 東京)

 

HOBONICHI の TOBICHI - ほぼ日刊イトイ新聞

盛岡の高校でも、啄木を知らない生徒が … もっと宣伝したい

f:id:takuboku_no_iki:20200911151235j:plain

アメンボ

望郷の歌に生きる力

 啄木学級故郷講座 歌人の工藤玲音さん講演

  • 啄木学級故郷講座が5日、石川啄木記念館中庭にある旧渋民尋常小学校校舎で開かれた。啄木が幼少期に学び、のちに教壇に立った学び舎で、啄木の人物像と文学について理解を深めた。
  • 26人が受講。渋民出身の俳人歌人、作家の工藤玲音さんの講演に耳を傾けた。
  • 工藤さんは自身と啄木との関係性について解説。高校時代の古典の授業を例に挙げ「私たちが啄木かるたをやっている間、ほかの子どもたちは百人一首をやっていた。同じ盛岡の高校でも、啄木のことを知らない生徒もいて、宣伝したい気持ちになった」と当時の心境を明かした。
  • 現在は歌集の制作に取り組んでいるという工藤さん「なんとか啄木の命日までに完成させたい」と意気込む。「今こうして、作家として仕事をする上で、啄木のパワーや渋民のエネルギーを感じている。啄木より3倍も4倍も長生きして、自分の創作活動を頑張りたい」と決意表明した。
  • 同日は、工藤さんと記念館の森義真館長による対談「文芸マルチ人間 〜 啄木・れいん」も行われた。

(2020-09-07 盛岡タイムス)

啄木より何倍も長生きし創作していけたら 工藤玲音さん

f:id:takuboku_no_iki:20200910162515j:plain

石川啄木記念館中庭の旧渋民尋常小学校 (撮影9月5日 山田武秋氏)

渋民がくれた縁 実感

啄木学級 工藤玲音さんが講演

  • 啄木学級故郷講座は(9月5日)、盛岡市渋民の石川啄木記念館(森義真館長)敷地内の旧渋民尋常小学校校舎内で開かれた。講師は渋民が地元の工藤玲音さん。俳人歌人、エッセイストなど幅広く展開する活動と、郷里の先人・啄木の関わりを話した。
  • 銀河鉄道通勤のOLの夢」と題した工藤さんは、「誕生日が来ると26歳になる。啄木が亡くなった年齢のこのタイミングで話す順番が来た」と前置き。渋民小から渋民中を経て、盛岡三高で脚光を浴びる文芸活動を振り返った。
  • 転機は、仙台での大学生活。1人暮らしとなって初めての朝のカーテンを開け「あれっ、山がない」と驚き、山のありがたさが身にしみて「ふるさとを思う啄木の気持ちが分かるように」なっていったという。
  • 現在は盛岡に戻り就職。文芸活動も進める。「(26歳で亡くなった)啄木より何倍も長生きして、創作していけたらと思う」と、渋民と啄木に敬意を込めた。
  • 講演に続き、「文芸マルチ人間 〜 啄木・れいん 〜」として工藤さんと森館長の対談も開かれた。

(2020-09-09 岩手日報

啄木講座 初心者にも理解できる楽しい講座 札幌

f:id:takuboku_no_iki:20200909152315j:plain

サルスベリ

札幌道新文化センター大通教室

人間啄木研究

近代文学者の中で、啄木ほど研究されている文人はいません。しかし、伝記研究においては未だに解明されていない点も多くあります。本講座では難しい論説については学者に任せ、初心者にも理解できる楽しい講座を目指しています。ほんの少し啄木の心知ることで心豊かに暮らしましょうよ。

・会場・道新ビル大通館5階 第16教室
  札幌市中央区大通西3丁目6

・2020年10月~2021年3月(6回)
  曜日・時間 第3木曜日  13時00分 ~ 15時00分

・受講料金 14,520円

・資料代 300円

・講師 北畠立朴 国際啄木学会北海道支部

 

詳細

人間啄木研究 | 道新文化センター

函館大火! 啄木は家族のために・・・

f:id:takuboku_no_iki:20200908151026j:plain

レッドオニオン

ブログ紹介「お天気~3分15秒~」

まさかの大火!家族を落ち着かせるため啄木は何をした?

8月も終わりですが、厳しい残暑。

函館の最高気温は30.5℃まで上がり、今年2度目の真夏日、かつ、今年の最高気温を記録しました。一方、1907年のきょう、8月27日。石川啄木の日誌に書かれていた函館の数字は15000。
これは、二日前の函館大火で焼失した家屋の数でした。


八月二十七日 曇
 市中は惨状を極めたり
 町々に猶所々火の残れるを見、黄煙全市の天を掩ふて天日を仰ぐ能はず。
 人の死骸あり。犬の死骸あり、猫の死骸あり、皆黒くして南瓜の焼けたると相伍せり、焼失戸数一万五千に上る
石川啄木「明治四十年丁未歳日誌)から)

この日の天気図をみてみますと・・・北海道のすぐ西に低気圧が見えます。また本州の南も低気圧。
全国的に深い気圧の谷の中といった状況。
15,000戸を焼き、まだ残り火が燻る函館。

さて、この日の啄木の日記には、大火の様子がありありと描写されるとともに、燃える街に対して快哉を叫びたくなるような気分になったことなどが書かれていますが、防災上?ちょっと面白いと思ったのが以下の記述です。

 

・・・家は女共のみなれば、隣家皆避難の準備を了したるを見て狼狽する事限りなし、
予は乃ち盆踊を踊れり、
渋民の盆踊を踊れり、

かくて皆笑へる時予は乃ち公園の後なる松林に避難する事に決し、殆んど残す所なく家具を運べりき・・・

 

なんだが、信じがたい話ですが、盆踊りを踊ることにより、家族を笑わせ、落ち着かせ、冷静になったところで「逃げよう!」と決めて行動するあたり、非常の事態を前に極めて冷静な姿がみられます。
まさかの時こそ、冷静に。
ひとつ、啄木から教えられました。

(2020-08-27 お天気〜3分15秒〜)

 

まさかの大火!家族を落ち着かせるため啄木は何をした? - お天気~3分15秒~

啄木にとっての「停車場」は……〈ふるさとの訛なつかし〉

f:id:takuboku_no_iki:20200907144102j:plain

型ガラスの向こう

くねくねTANKAロード

ふるさとの訛なつかし 石川啄木

 古典音痴の私が歌碑や句碑を巡り、くねくね遠回りしながら歌のヒントを探すエッセー。今回訪れたのは、東京・上野駅にある石川啄木の歌碑だ。

〈ふるさとの訛なつかし/停車場の人ごみの中に/そを聴きにゆく〉

  • ふるさとの東北なまりがなつかしくて、上野駅の人混みの中にそれを聴きに行くという。以前、箱根で乗ったロープウェイの中で、台湾か中国から旅行に来たお婆さんと孫の話し声を聴いた。初めて耳にする独特の発音はおっとりと柔らかくて、一度もそこに行ったことがないのに不思議となつかしさを感じた。
  • もしかすると啄木にとっての「停車場」も、行き交う人々のドラマを鑑賞し、ノスタルジーを感じられる映画館みたいな場所だったのかもしれない。帰る家があり、希望の地があると信じて疑わない人々を傍観者として眺め、しみじみと行くあてのない孤独を味わう啄木の姿が目に浮かんだ。(寺井奈緒美・歌人

(2020-09-07 しんぶん赤旗

 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-07/20200907-007.pdf