〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

啄木 広場

“ビールの名前”が(啄木の書)「雲は天才である」=「CLOUDS ARE GENIUS」

アジサイ 盛岡の飲食店がオリジナルビール第2弾 パッケージは「石川啄木」イメージ ダイニングバー「Aeron Standard(アーロンスタンダード)」(盛岡市大通3)は6月17日、オリジナルクラフトビール「CLOUDS ARE GENIUS(クラウズ アー ジーニアス)」を発売…

啄木が徴兵検査を受けた寺など バスツアー 7/7

啄木ゆかりの地巡りバスツアー 啄木ゆかりの地巡りバスツアー 開催日:令和元年7月7日(日) 時間:9:40~15:00 場所:沼宮内(岩手町)・玉山地域(盛岡市)の啄木ゆかりの地を訪ねます。(集合・解散は石川啄木記念館) 講師:石川啄木記念館館長 森 義真 料金…

公演『砂―なみだのごはず―』 7/17〜7/21

アジサイ 萬國四季協會 スイレン公演 『砂―なみだのごはず―』 あらすじ 石川啄木は明治45年4月に亡くなる。明治はその年の7月に終わるのであるから、啄木の人生はまさに明治と言う時代の供としてあったと言える。 明治39年からの6年間の啄木の跡を追うもので…

作者にもっとも愛されている啄木『「坊っちゃん」の時代』

アジサイ 『「坊っちゃん」の時代』とシングル生活 高橋 源一郎l 関川夏央原作・谷口ジロー作画による『「坊っちゃん」の時代』(双葉社)全五部が遂に完結した(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1997年ごろ)。 ところで、『「坊っちゃん」の時代』の…

サイテーなのに、なぜか憎めない。そんな啄木…。

アジサイ ゲストのお悩み、解決するのはこの一冊! エッセイスト・犬山紙子さんのために選んだ一冊とは?/木村綾子の『あなたに効く本、処方します。』 木村さんが処方した本は…『石川くん(枡野浩一)』と『日本文学盛衰史(高橋源一郎)』 『石川くん』(…

ジャカランダが咲き輝く 高知

高知からの便り ジャカランダは樹高30mにも育つ 世界三大花木のひとつとされているジャカランダの花。 初夏に開く ノウゼンカズラ科キリモドキ属。 日本では温度や日照の関係で生長しにくいので、花をみることは難しいらしい。 青紫の花 葉は鳥の羽のよう …

「啄木・賢治青春の道」講座

アジサイ エンジョイ! 生き生きライフ ・主催 盛岡市上田公民館・日時 7月18日(木) 9時〜12時・対象 盛岡市民・内容 啄木・賢治青春の道(市のバス利用) *(申込期日は過ぎているようですが、お知らせまで) 詳細 http://www.city.morioka.iwate.jp/_re…

講座のお知らせ 世田谷文学館にて 6/28、7/10

アジサイ 国際啄木学会員の講座のお知らせ この度、世田谷文学館友の会(会長:平出洸氏)で2名の国際啄木学会員が講師をされることになりましたので、下記の通りご案内致します。ご参加される方は、平出氏にご連絡されるか、(メールアドレス:d93002@ out…

「啄木から現代短歌へ」講演会 旭川 6/23

アジサイ 札幌市出身の歌人 山田航さんの講演会「啄木から現代短歌へ」 「啄木から現代短歌へ」と題する講演会が六月二十三日(日)午後二時から、ときわ市民ホール(五ノ四)一階で行われます。講師は歌人で短歌評論家の山田航さん。旭川歌人クラブ(西勝洋…

啄木・白秋・茂吉 三冊の歌集が現代短歌に与えた巨大な影響

アジサイ 毎日文化センター 講座 近代短歌の青春 啄木・白秋・茂吉 ・講師:関西大学名誉教授 鵜飼康東・講座タイプ:公開講座 ・コース 2019年7/16、8/20、9/17の各火曜13:30~15:00 ・受講料 全3回7,460円 ・開催地 大阪 日本語の思想的な深さ、音感の強…

「姫神山登山 啄木記念館で啄木学習」など 遠足や修学旅行も

アジサイ 秋田)市民の「学校」20年で区切り 鹿角市 秋田県鹿角市で地方の視点から文化活動を続けてきた「尋常浅間学校かづの分校」が開校から20年を迎え、記念誌を発行した。20年を区切りとして「閉校」するが、関係者らは新たな活動を模索している。 本校…

釧路に啄木歌碑 建立 幸町公園

アジサイ 啄木歌碑 幸町公園で除幕式 釧路市 国際的奉仕団体の釧路みなとライオンズクラブは、創立50周年事業の一環として、釧路幸町公園に明治末期の歌人・石川啄木の歌碑を建立した。 除幕式が8日行われた。 (2019-06-09 釧路新聞) 釧路新聞~釧路と根室…

「はたらけど はたらけど…」老後は自己責任 !?

アジサイ 地軸 老後「自己責任」 長生きすればするほど大変になる―。こんな思いを抱いた人も多いだろう。金融庁が先日公表した報告書は、老後の生活は年金を当てにせず、資産運用でカバーするよう説いている。 95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要…

「不来方のお城の草に寝ころびて…」など マンホールデザイン選定

レンゲツツジ 盛岡市デザインマンホール 市県のキャラや紋で 市制130年に1種選ぶ 盛岡市上下水道局は、市制施行130周年を記念した下水道デザインマンホールを製作する。業者が提案した4種類のデザインから、今後実施する街頭アンケートなどで一つを選定。カ…

随所にある啄木歌碑 -釧路のまちなみ散歩-

ハルガヤ 釧路の歴史訪ねる 市立博物館「まちなみ散歩」 郷土が発展してきた歴史の「足跡」を訪ね歩く、釧路市立博物館の「まちなみ散歩」が2日、釧路発祥の地である同市の米町周辺で行われた。 眼下に釧路川河口が広がる米町公園に集合した参加者には、1932…

“天才であり 落ちこぼれ” だから歌が浮ついていない 「啄木祭」 

アケビ 遺徳偲び「啄木祭」/岩手・盛岡市 歌人・石川啄木の遺徳を偲ぶ恒例、「啄木祭」が1日、岩手県盛岡市で行われました。地元、小中学校の演奏や女性コーラスグループが、啄木作詞の楽曲を披露。 その後、行われた対談には盛岡市在住で、おととし芥川賞を…

クマさんが はたらけど はたらけど……

アケビ NISSHINBO のコマーシャル おすわり篇「はたらけど」 石川啄木 「はたらけど/はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり/ぢっと手を見る」 をモチーフに。 ↓ ↓ オチまでいくと、つい笑ってしまう! ため息ついてるし…。 NISSHINBO CM | …

岩手山を切り絵で表現 石川啄木記念館 〜9/16

オリーブ 目で楽しむ啄木の短歌 盛岡の記念館 盛岡市渋民の石川啄木記念館で、「啄木のうた 柴田外男の世界」が開かれている。色鮮やかなポスターや絵はがきなどが並ぶ。9月16日まで。 作者のグラフィックデザイナー柴田外男さんは一戸町在住。岩手を題材に…

ZARDのボーカル・坂井泉水さんと“啄木”との共通点

ウワミズザクラ ありふれた言葉だからこそ強く尊い―― 没後12年、人々の魂を揺さぶり続けるZARD・坂井泉水の世界 ZARDのボーカル・坂井泉水さんが亡くなって今年の5月27日で12年になる。享年40。1991年にデビューして、代表曲「負けないで」などは今もカラオ…

企画展 啄木短歌を色鮮やかに表現するデザイナー“柴田外男の世界”

第11回企画展「啄木のうた~柴田外男の世界~」チラシ 第11回企画展「啄木のうた~柴田外男の世界~」*現在開催中* 開催期間:令和元年5月21日(火)~9月16日(月・祝) 入館料・料金:一般:300円 高校生:200円 小中学生:100円 ※市内に住所がある65歳以上…

「馬鈴薯のうす紫の花に降る…」啄木 うたの魅力 6/9

「歌人・石川啄木~うたの魅力~」チラシ 第11回企画展関連講演会 「歌人・石川啄木~うたの魅力~」 ・開催日 2019年6月9日(日) ・時間 13:30~15:30 ・場所 渋民公民館 2階大会議室 ・講師 当館 学芸員 鳥取邦美 ・料金 無料 ・定員 50人 「歌人・石川啄…

沖縄に来たことのない啄木の碑が なぜ沖縄に?

啄木の歌碑 那覇市 真教寺 あの有名歌人と沖縄とのつながりを探る 週刊レキオ 島ネタCHOSA班 石川啄木 ある日、レキオ編集室に「国民的歌人・石川啄木の歌碑が那覇市内にあることをご存知ですか?」というメールが届きました。岩手県出身の啄木の歌碑がなぜ…

啄木がこよなく愛した「姫神山」の山開き

トサミズキ 山開き眼下に絶景 盛岡市の姫神山 例年より多い1200人登頂 盛岡市玉山馬場の姫神山(標高1123.8㍍)の山開きは19日、行われた。同日午前9時から一本杉登山口で山開き式の神事が営まれ、今シーズンの登山者の安全を祈願。谷藤裕明市長らによるテ…

グラフ文学散歩は “函館の啄木” 「北の文学」発売

クロマツ 「北の文学」78号発売 岩手日報社は、文芸誌「北の文学」第78号を5月25日発売します。 優秀作に決まった松田和夫さんの小説「ふゆのさくら」。松本秋実さんが小説「愛は盲目とみんなは言うけれど」を寄稿。黒澤勉さんの文芸評論「正岡子規と秋田-…

啄木の脳裏にキツツキの音が聞こえたろうか

ニワトコ 啄木鳥 [丹波春秋] 本紙丹波篠山市版の前号で、キツツキの被害に遭っている神社の記事が載った。拝殿を保護するため、拝殿の周囲を囲うようにして建てた覆屋の板壁に無数の穴が開いており、キツツキ類の仕業である可能性が高いという。キツツキは「…

イヴ=マリー・アリューへのオマージュ 日仏文化講座 6/29

ハルシオン 講座・セミナー 日本詩の魅力を再発見する イヴ=マリー・アリューへのオマージュ(日仏文化講座) 報告者 宇佐美 斉(京都大学名誉教授)、ブリジット・アリュー(翻訳家)、ドミニク・パルメ(翻訳家)、中地義和(東京大学名誉教授) 司会 三…

「はたらけどはたらけど......」という"厭世観"をごまかそうとしたのだろう

ヒルガオ <青い空白い雲>「令和」は夢の宇宙旅行か? 悪夢の銀行大倒産か?〈サンデー毎日〉 ◇牧太郎の青い空白い雲/718 「令和」はどんな時代になるのか? 多分、人間はがんで死ななくなる。次々に新薬が登場している。この3月、難治性の血液がん治療製…

啄木のように おぶったことはないけれど 何を贈ろうか

花束 風土計 年のせいだろうか。50歳を過ぎると、流行にも疎くなる。初めて聴いたのに、どこか懐かしいメロディー。今なおロングセラーが続く、その曲の歌い手をしばらく「みちょぱ」と思い込んでいた。「あいみょん」と知って一人笑いしたのは昨年暮れの紅…

☆ 動画『啄木の歌に魅せられて』佐藤勝さん講演

ユズリハ 2019年 啄木祭 新日本歌人協会 5月12日に東京都しごとセンターにて開催。 【前半】三浦一人ソロコンサート:啄木祭オリジナル曲「思郷」他・表彰式 20190512 UPLAN【前半】2019年啄木祭 三浦一人ソロコンサート・表彰式 - YouTube(約1時間50分) …

「啄木、そだねー」と鼎(てい)談 啄木祭 6/1

ナンヨウザクラ 芥川賞沼田さん、啄木を語る 盛岡で来月啄木祭 盛岡市渋民出身の歌人石川啄木をしのぶ啄木祭は6月1日午後1時半から、盛岡市渋民の姫神ホールで開かれる。 同市の作家沼田真佑さんが、「芥川賞作家の素顔」をテーマにNHK盛岡放送局の渡辺真…