〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

啄木 広場

啄木の歌に魅せられて 啄木祭 5/12

2019年 啄木祭 ・2019年5月12日(日)13:00 開場 13:30 開会 ・会場 東京都しごとセンター 東京都千代田区飯田橋3-10-3 ・参加費 当日券 1200円 前売券 1000円 記念講演 「啄木の歌に魅せられて」 二冊の「啄木文献目録」を編んで 講師 佐藤 勝 (湘南啄木…

啄木の参加した修学旅行先写真なども展示 盛岡てがみ館 〜6/17

フリージア 旧制・盛岡中の“黄金時代”展 米内光政や石川啄木などが学んだ旧制・盛岡中学校の黄金時代を直筆の手紙や写真で紹介する企画展が盛岡市「盛岡てがみ館」で開かれています。 現在の盛岡第一高校の前身、旧制・盛岡中学校では昭和初期に総理大臣を務…

啄木が願った新しき明日を信じつつ 啄木忌法要

クスノキ 歌人の魂 次の時代へ 啄木忌法要 第108回啄木忌法要が13日、盛岡市渋民の宝徳寺で営まれた。啄木が1912(明治45)年に東京都文京区小石川に没したことを縁に盛岡市と文京区は2月、友好都市となった。法要では啄木の文学を、次の時代に継承すること…

盛岡・啄木忌 親しまれる作品を作った啄木の功績を広めたい

サクラとスカイツリー 早世の歌人しのぶ 盛岡、啄木命日に法要や講話 盛岡市渋民出身の歌人石川啄木(1886~1912年)の第108回啄木忌法要(啄木祭実行委主催)は命日の13日、同市渋民の宝徳寺(遊座芳匡住職)で営まれ、啄木ファンや地元住民約100人が早世の…

渋民駅の入り口に「啄木のふるさと」の看板を設置

サクラ 渋民駅の愛称「啄木のふるさと」 歌人・石川啄木は当時の渋民村、今の盛岡市で育ち明治45年4月13日に、26歳の若さで亡くなりました。 ふるさとにある IGR いわて銀河鉄道の渋民駅では地元の人たちの要望を受けて駅の愛称が「啄木のふるさと」に決まり…

啄木はこんなにも 長く深く広く 人をつなげる人でもあった

[サクラ] ばん茶せん茶 [岩手日報] 啄木忌に寄せて 今年もまた啄木忌がめぐってきます。16年前、渋民に縁のある者3人で啄木終焉の地である東京都小石川区を訪ね、以来一度も欠かすことなくこの地を訪れ、しのぶということをしてきました。 3人のうちの1人と…

「啄木と花」 名も知らぬ鳥啄めり赤き茨の実

[ハマナス] 真生(SHINSEI)2019年 no.309 「石川啄木と花」 近藤典彦 第十三回 いばら 愁ひ来て、 丘にのぼれば 名も知らぬ鳥啄めり赤き茨の実 (啄めり=ついばめり)(茨の実=ばらのみ) 作歌は1908年(明治41)8月。『一握の砂』(明治43年12月刊)所収。…

愛称は「啄木のふるさと」 銀河鉄道の渋民駅

[上野公園] 渋民駅愛称は「啄木のふるさと」 命日の13日に式典 盛岡市とIGRいわて銀河鉄道は、同市下田の渋民駅の副駅名(愛称)を「啄木のふるさと」と決めた。同社の駅に副名を付けるのは3例目。渋民出身の歌人石川啄木(1886~1912年)の命日となる13日に…

石川啄木は桜を歌っていない…

[上野公園] 小社会 花見の風習が、広く庶民に行き渡ったのは江戸時代... 花見の風習が、広く庶民に行き渡ったのは江戸時代。貧乏長屋の大家と店子(たなこ)たちが花見に繰り出す落語、「長屋の花見」のようなドンチャン騒ぎが始まった。 作家の中野孝次さん…

本と人と 『続 石川啄木文献書誌集大成』佐藤 勝 さん

[上野公園] 読書「本と人と」 『続 石川啄木文献書誌集大成』佐藤 勝 さん JR上野駅構内15番ホームには「ふるさとの訛なつかし/停車場の人ごみの中に/そを聴きにゆく」の啄木歌碑があります。 昭和33年(1958年)15歳の少年だった著者は福島県の山間の町か…

啄木ら 恩師との書簡 企画展 〜6/17

[上野公園] 盛岡中黄金時代 教え子との絆しのぶ企画展 盛岡市中ノ橋通の盛岡てがみ館は企画展「盛岡中学黄金時代の人々」を開いている。軍や財界、文学界などで全国に名をとどろかせた郷土の偉人の直筆や写真が展示され、訪れた人の郷愁を誘う。 書簡や写真…

啄木の担任教師・冨田小一郎の孫とキーンさん

[月の松 上野清水観音堂] ばん茶せん茶 「一期一会の縁」 戸田洋子 2月、テレビでドナルド・キーン氏の訃報が流れた。思えば、石川啄木没後100年の2013年6月、啄木研究家としても著名なキーン氏による「啄木を語る」と題した講演会が、岩手県民会館で開催さ…

「啄木とみすゞ」講演会 東京都文京区 4/13

[アオキ] 啄木忌記念「啄木とみすゞ」矢崎節夫講演会 • 2019年4月13日(土) 14:00~15:30 • 小石川図書館 〒112-0002 東京都 文京区小石川5-9-20 地方から小石川を目指し、若くしてこの世を去ったふたりの文学者石川啄木と金子みすゞを、やはり小石川にゆか…

吉永小百合さん「飛行機」(石川啄木)などを朗読 - 東北ユースオーケストラ

[サクラ] 坂本龍一さん、被災地支援で来年、オリジナル曲を初演 東北ユースオーケストラ 東日本大震災で被害を受けた岩手、宮城、福島出身の小、中、高、大学生ら107人で編成された「東北ユースオーケストラ」が31日、東京都新宿区の東京オペラシティコンサ…

「喜之床」2階で家族4人と住んだ啄木 -元号の風景-

[マンサク] 【元号の風景】(13)明暦(1655~1658年) 東京都文京区 本郷 「喜之床(きのとこ)旧跡」と書かれた説明板を見つけたのは、春日通りのかどの理髪店の壁面だった。明治41(1908)年に建てられた理髪店 で、屋号や外観は変わっているが、いまも営…

啄木の屈曲に満ちた人生を温かな同情を隠しつつ辿る キーンの世界

[サクラ] (ひもとく)ドナルド・キーンの世界 日本語と英語の美しい架け橋 松浦寿輝 さる二月二十四日に逝去したドナルド・キーン氏 は、九十六年にわたるその長い生涯において、研究・翻訳・教育のそれぞれの領域において大きな仕事を為(な)し遂げた。 …

ふたりは時に恋人以上の熱い友情を… 啄木と京助

[ポピー] TVアニメ『啄木鳥探偵處』アニメジャパン2019のオフィシャルレポートが到着! 2019年3月23日(土)、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2019」KILLER PINKステージにて、キミコエ・プロジェクト第2弾アニメーシ…

「出会った当初は上品な印象だったが…」企画展 啄木をめぐる人々 〜4/24

[デージー] 盛岡中学時代を紹介 企画展 啄木をめぐる人々 歌人・石川啄木の旧制中学時代の同窓生が書いた手紙などから、啄木の青春時代を紹介する企画展が、岩手・盛岡市で開かれている。 会場には、啄木と交流のあった後輩が書いた直筆の手紙が展示され、原…

啄木と京助が探偵に! 小説「啄木鳥探偵處」TVアニメ化

[ローズヒップ] 石川啄木と金田一京助の明治探偵譚「啄木鳥探偵處」 2020年春TVアニメ化決定! 第3回創元推理短編賞を受賞した本格ミステリ小説「啄木鳥探偵處」(きつつきたんていどころ)が2020年春TVアニメ化することが決定いたしました。 アニメーション…

講座『石川啄木~一握の砂~』 静岡 4/24

[ツバキ] 文学鑑賞講座 『石川啄木~一握の砂~』戯れに母を背負いて... かつて教科書で読んだ作品をもう一度新しい視点で読み直してみましょう。 ・日時 4月24日(水)13:30~15:00 ・場所 静岡県焼津市 小川公民館2階 会議室1 ・講師 石﨑俊夫さん(元静岡…

沖縄の啄木歌碑「新しき明日の来るを信ずといふ…」 

[那覇市 真教寺境内の啄木歌碑 (撮影 岡林一彦さん)] 啄木の歌碑を訪ねて那覇へ 岡林一彦 高知市 那覇市真教寺に設置されている啄木歌碑を訪ねた。1977(昭和52)年10月に除幕された歌碑には「新しき明日の来るを信ずといふ/自分の言葉に/嘘はなけれど……

啄木祭「野口雨情と石川啄木」 4/13

[サクラ] 2019年 第3回 三郷啄木祭 「歌という詩形を持っているということは、我々日本人の少ししか持たない幸福のうちの一つだよ。」啄木 ・日時 2019年4月13日(土)13:30-16:30 (啄木107回目の命日) ・講演 「野口雨情と石川啄木」 ・講師 奈良達雄(歌…

105歳の篠田桃紅さん 啄木を「正直な人」と呼ぶ

[アカシア] 天鐘(3月14日) 1910(明治43)年、石川啄木が24歳で初めて出版した歌集『一握(いちあく)の砂』に、〈「さばかりの事に死ぬるや」「さばかり の事に生くるや」 止せ止せ問答〉の1首がある。 然(さ)ばかりとは「それくらい」の意。それくらい…

「わんぱくクラブ」啄木かるたに取り組み 連覇

[ツバキ] 盛岡の啄木かるたで連覇 函館の学童保育所「わんぱくクラブ」 函館市柳町の学童保育所「わんぱくクラブ」のチーム「わんぱくYMT」が、盛岡市で2月16日に開かれた「啄木生誕祭 第17回『啄木かるた』大会」の小学4~6年の部に、函館代表として参加し…

「石川啄木」連載中、深夜までパソコンに向かう キーンさん

[サンシュユ] ドナルド・キーンさん 大好きな言葉遊び、自分の墓でも 惜別 日本文学研究者のドナルド・キーンさん 東日本大震災を機に日本国籍を取得した後、季節ごとに2年ほどインタビューに通った。ある穏やかな日、自宅そばの寺のお墓に案内された。前面…

 国際啄木学会 東京支部会 開催のお知らせ 3/30

[ロウバイ] 国際啄木学会 東京支部会 2019年3月30日(土)14:00 ~ 場所 明治大学和泉校舎 研究棟1F 会議室(和泉キャンパスの一番奥) 東京都杉並区永福1-9-1 発表 • 佐藤勝 「自著紹介『続石川啄木文献目録書誌集大成』(桜出版)を編んで」 • 横山強 「『…

石川啄木『一握の砂』 いつの時代にも対応できる多様で鋭い歌がある

[レモン] 【明治の50冊】(48)石川啄木『一握の砂』 人生の事象詠んだ国民的歌集 「いのちなき砂のかなしさよ/さらさらと/握れば指のあひだより落つ」 「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて/空に吸はれし/十五の心」 教科書ではじめて石川啄木に…

石川啄木をきっかけに結ばれた線のあたたかな広がり

[ウメ] ~盛岡市と文京区~さんさで広がる幸せの輪! 友好都市の交流盛り上げ 「さっこら~ちょいわやっせ!みんなで楽しく踊りましょう」 東京都文京区内のホールに3月、岩手県盛岡市の郷土芸能「盛岡さんさ踊り」でおなじみの太鼓や笛の音が鳴り響いた。文…

『石川啄木』は、書きたいと思って書いている本 キーンさん

[ウメ] 私達自身のような「夭折の天才」 ドナルド・キーン『石川啄木』を読む 『石川啄木』(新潮社) 著者:ドナルド・キーン 翻訳:角地 幸男 発売:2016年 「(前著)『正岡子規』はどちらかというと、書かなければならないと思って書いた本でした。けれど…

「評伝『石川啄木』が素晴らしかったですね」と 作家の平野啓一郎さん

[ウメ] 日本を愛したドナルド・キーンさん 原点は源氏物語と兵士の日 AERA 2019年3月11日号 日本と日本文学を愛し、海外に広めたドナルド・キーンさんが亡くなった。享年96。親交が深かった作家の平野啓一郎さんに、キーンさんの功績と思い出を聞いた。 「戦…