啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

啄木文学散歩

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <10> (おわり)

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <10> (おわり) 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <9>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <9> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <8>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <8> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <7>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <7> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <6>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <6> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <5>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <5> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~2…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <4>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <4> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 「1~…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <3>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <3> 「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) 写真について 撮影年が記されていないものは2006年撮影 ここ…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <2>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 釧路駅前 SL動輪のモニュメント 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <2> (「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 )・写真について 撮影年が記…

釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <1>

◎啄木文学散歩・もくじ https://takuboku-no-iki.hatenablog.com/entries/2017/01/02 港文館前の石川啄木像(2018年) 釧路 啄木22歳の新聞記者時代 - 心ときめく76日間 <1> (「啄木の息HP 2006年夏」からの再掲 + 2018年夏 ) ・写真について 撮影年が…

 東京都 千代田区 番町「文人通り」+ 啄木が通った大橋図書館跡 <4(おわり)>

啄木文学散歩・もくじ 「番町文人通り」 啄木が通った「大橋図書館跡」東京家政学院大学・高等学校・中学校の門前 右手前にある赤い保存プレートが「大橋図書館跡」を示している。 大橋図書館とは三康文化研究所附属三康図書館は、東京都港区芝公園にある私…

 東京都 千代田区 番町「文人通り」+ 啄木が通った大橋図書館跡 <3>

啄木文学散歩・もくじ 「番町文人通り」 与謝野鉄幹・晶子旧居跡 歌集「みだれ髪」でデビューした情熱の歌人与謝野晶子(1878-1942)と夫で雑誌「明星」を主宰した与謝野鉄幹(1873-1935)が明治44年から4年間ここで暮らした。 与謝野晶子の作品 『君死にた…

 東京都 千代田区 番町「文人通り」+ 啄木が通った大橋図書館跡 <2>

啄木文学散歩・もくじ 「番町文人通り」 有島武郎・有島生馬・里見弴旧居跡石垣に取り付けられている。 有島武郎・有島生馬・里見弴旧居跡白樺派の作家・有島武郎(1878〜1923)をはじめ、有島生馬(1882〜1974)、里見弴(1888〜1983)ら作家兄弟がここで育…

 東京都 千代田区 番町「文人通り」+ 啄木が通った大橋図書館跡 <1>

啄木文学散歩・もくじ 「番町文人通り」 通りの表示。 「番町」とは、千代田区の地名で一番町から六番町まであり、各国の大使館や学校が多く、高級住宅も並ぶ。 市ヶ谷駅と四谷駅と東京メトロ半蔵門駅に囲まれたところに、「番町文人通り」がある。 そこに、…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <8 (おわり)>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 8 資料 (1)啄木歌碑趣意書 小樽駅近くに『啄木』第三の歌碑を! 資料 (…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <7>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 7 小樽公園の啄木歌碑 小樽公園の啄木歌碑 (1999年) 花園通りから公園通り…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <6>

啄木文学散歩・もくじ 小樽市にリンクを張りました。 (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 6 啄木 第一、第二の住居 花園公園通り 明治後期 (「小樽なつかし写真帖」第…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <5>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 5 水天宮にある啄木歌碑も新装披露 (トイレ脇にあったとき 1999年) 境内に昇格-2005年10月に除幕式 水天…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <4>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 4 啄木と多喜二 ─同じ時 同じ小樽の空気を吸った二大文学者─ 市立小樽文学館・美術館 小樽文学館の入口(201…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <3>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 3 小樽日報社跡小樽日報は、創刊1907年(明治40年)10月15日。社長は、初代釧路町長の白石義郎(東泉)だっ…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <2>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 (1 小樽駅と啄木 つづき) 「駅正面にある案内板」 駅を出たところには「石川啄木と小樽駅」という案内板が…

 小樽 啄木歌碑除幕式、小樽文学館 啄木と多喜二、旧居 <1>

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2005年秋」からの再掲 + 2018年早春 + 1999年夏) * 写真について 撮影年が記されていないものは2005年撮影 ◯ 小樽の啄木 「風に吹かれる啄木」水谷のぼる ブロンズ(小樽文学館)2018年撮影 函館本線に乗り札幌から小…

  東京都 浅草 「了源寺」長男の葬儀場、「等光寺」啄木・母・長女・二女の葬儀場

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2009年冬」からの再掲) 啄木家族の葬儀場「了源寺」と「等光寺」 浅草の夜のにぎはひに まぎれ入り まぎれ出で来しさびしき心 啄木 啄木長男・真一の葬儀場「了源寺」と、啄木の母カツ・啄木本人・長女京子・二女房江…

 石川啄木歌碑と厄除け大師と佐野の味

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2010年初春」からの再掲)佐野駅周辺 年末年始によく耳にする「初詣・関東三大師」として有名な佐野厄よけ大師は、春日岡山惣宗寺(そうしゅうじ)といい、JR 両毛線「佐野駅」・東武佐野線「佐野市駅」より徒歩10分足…

 佐野厄除け大師と啄木の歌 <3(おわり)>

啄木文学散歩・もくじ 3 「とちぎの百様 大図鑑」田中正造 石川啄木歌碑の裏 為竣徳院殿義巌徹玄大居士 七十四回忌菩提也 春日岡山惣宗寺住職旭岡聖順建之 奇しくも石川啄木生誕百年を記念して 昭和六十一年九月四日 佐野ラーメン・透き通った醤油スープ 絵…

 佐野厄除け大師と啄木の歌 <2>

啄木文学散歩・もくじ 2 「田中正造翁之墓」と「啄木歌碑」 「嗚呼慈侠 田中翁之墓」と「啄木歌碑」 夕川に葦は枯れたり 血にまとう民の叫びの など悲しきや 石川啄木 碑文 近代日本の先駆者田中正造翁は 明 治三十四年十二月十日第十五議会開 院式から帰る…

 佐野厄除け大師と啄木の歌 <1>

啄木文学散歩・もくじ 1 佐野厄除け大師 本堂と庭 佐野厄除け大師は、惣宗寺(そうしゅうじ) という天台宗の寺。 厄除け祈願と、身体安全・家内安全・心願成就・交通安全・合格祈願・良縁成就・子授成就などの祈願も受け付けている。 この季節、庭のツツジ…

 石川啄木と足尾鉱毒事件の田中正造

啄木文学散歩・もくじ (「啄木の息HP 2009年初春」からの再掲) 栃木県佐野市 石川啄木と足尾鉱毒事件の田中正造 足尾銅山の鉱毒問題に生涯をかけた田中正造の足跡を訪ね、正造の墓と石川啄木の歌碑のある「佐野厄除け大師」に初詣した。 1 佐野市郷土博物…

 132日間の函館生活と石川啄木一族の墓 <7 (おわり)>

啄木文学散歩・もくじ 7 「僕の心は凾館の空に彷徨ふ」 「市電「谷地頭駅」終点」 「なみだは重きものにしあるかな─啄木と郁雨─」遊座昭吾 編 宮崎郁雨「歌集『一握の砂』を讀む」 明治四十四年一月十七日(火曜日) (二四) 僕が啄木と初めて會つたのは四…

 132日間の函館生活と石川啄木一族の墓 <6>

啄木文学散歩・もくじ 6 「石川啄木一族の墓」 「“石川啄木一族の墓”を示す木柱」 車は冬期通行止めになっているが、徒歩は大丈夫。 この先に駐車場があるが一台も車はなかった。 施設整備や除雪用の車だけが通っていた。 「石川啄木一族の墓の説明」 石川…