〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<15>青森県八戸市 22

キンミズヒキ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<15>青森県八戸市 22 22 青森県八戸市 JR八戸駅前 啄木碑 JR八戸駅東口から100mほどのところにある黒沢酒店前に、石川啄木碑がある。啄木は1904年(明治37)上京に先立って資金調達のた…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<14>青森県大間町 21

イノコヅチ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<14>青森県大間町 21 21 青森県下北郡大間町 大間崎 東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる「この歌は大間崎を舞台として、小島は沖の「弁天島」であると考えられる」このよ…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<13>青森県十和田市 20

フジバカマ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<13>青森県十和田市 20 20 青森県十和田市 ホテル十和田荘 十和田湖の「ホテル十和田荘」の入口右手に啄木歌碑がある。「夕雲に丹摺はあせぬ湖ちかき草舎くさはら人しづかなり」<添碑>に…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<12>青森県上北郡野辺地町 18 19

ナツツバキ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<12>青森県上北郡野辺地町 18 19 18 野辺地町 常光寺 啄木の父・一禎ゆかり 野辺地は父・一禎が野辺地の常光寺に寄寓した関係の地である。一禎が初めて野辺地をおとずれたのは、1879年(明…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<11>青森県青森市 17

雨 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<11>青森県青森市 17 17 青森市 合浦(がっぽ)公園の啄木歌碑 妻子を盛岡の実家に、老母を渋民の知人宅に託して啄木が妹光子とともに新しい運命を開拓すべく津軽の海を越えたのは明治四十年五月四…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<10>沖縄県那覇市 15 16

ハイビスカス 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<10>沖縄県那覇市 15 16 15 那覇市 真教寺の啄木歌碑 沖縄出身の歌人山城正忠(1884~1949)の名を刻んだ啄木の歌碑が那覇市の真教寺境内にある。啄木の日記に「山城君は肥つて達磨の様で…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<9>東京都台東区 13 14

トラノオ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<9>東京都台東区 13 14 13 上野駅構内の啄木歌碑 上野駅1階、中央改札口を入りそのまま進んだところの左、15番ホームと16番ホームの間にある。「1985年(昭和60)3月14日、東北新幹線上野乗…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<8>東京都台東区 11 12

ユズリハ ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<8>東京都台東区 11 12 11 了源寺 啄木長男・真一の葬儀場 了源寺は、啄木が1909年(明治42年)~1911年まで家族とともに間借りしていた理髪店「喜之床」の新井家の菩提寺である。1910年(明治43)10月4日に産…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<7>東京都中央区 10

トラノオ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<7>東京都文京区 10 10 中央区銀座 朝日新聞社跡 啄木歌碑 啄木は、1909年(明治42)3月1日から東京朝日新聞社の校正係として勤め始めた。入社時の給与は月額25円と夜勤手当が一夜1円。朝日…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<6>東京都文京区 9

モモ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<6>東京都文京区 9 9 森鴎外記念館 観潮楼歌会 観潮楼歌会は、森鴎外の自宅で催された。1908年(明治41)5月2日、啄木は与謝野寛に誘われ初めて歌会に出席する。啄木は、佐佐木信綱、伊藤左千夫…

新設! 【 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」・もくじ 】 ページ

クマシデ Link 新設 Google マップなら、どこへでも、今すぐにでも旅ができます! サイドバーのカテゴリー下の「Link」に【 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」・もくじ 】ページを新設しました。 次回はどこに行くか楽しみです。

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」・もくじ

もくじ < >内の数字がそのページにリンクしています。 <1>東京都文京区 1 石川啄木初の上京下宿跡 1902年(明治35)大館みつ方に下宿 2 村井方跡 1904年(明治37)東大近くの村井方に下宿 <2>東京都文京区 3 赤心館跡 1908年(明治41)金田一京助と…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<5>東京都文京区 8

ムクゲ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<5>東京都文京区 8 8 金田一京助・春彦旧居跡 アイヌ語の研究で知られる言語学者・金田一京助は盛岡中学校で2学年下の啄木と出会い、以来、良き理解者として物心両面で啄木を支えた。長男の春…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<4>東京都文京区 7

クワ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<4>東京都文京区 7 7 切通坂 啄木歌碑 朝日新聞社の校正係として働いた啄木は二晩おきの夜勤の際、上野広小路から暗い切通坂を上り、真砂坂上の喜之床まで歩いた。自筆原稿を刻んだ歌碑が湯島天…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<3>東京都文京区 5・6

ノバラ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<3>東京都文京区 5・6 5 喜之床跡 1909年(明治42)春、朝日新聞社に校正係の職を得て生活が安定。函館から妻子と母を呼び寄せ本郷区弓町の理髪店2階で約2年間暮らした。ここで生まれた短歌は…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<2>東京都文京区 3・4

オダマキ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<2>東京都文京区 3・4 3 赤心館跡 ほぼ1年間、北海道を転々としたのち1908年(明治41)4月、単身で5度目の上京を果たす。金田一京助と同じ下宿に住み、4か月の間に小説5篇を書き上げ、また3…

♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<1>東京都文京区 1・2

ヒイラギ 《 いまだから 》 ♬ mapで楽しむ「啄木の足跡めぐり」<1>東京都文京区 1・2 1 石川啄木初の上京下宿跡1902年(明治35)10月、盛岡中学校に退学届を出し、文学で身を立てようと単身上京。胸突き八丁の八幡坂上、大館みつ方に下宿した。「眺望大に…