〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

2012-05-21から1日間の記事一覧

石川啄木:没後100年で企画展、盛況 直筆原稿や写真180点 山梨県立文学館

「生活感にじみ出る言葉味わって」 明治を代表する歌人・石川啄木の死去から100年を迎え、県立文学館で企画展「石川啄木 愛と悲しみの歌」(毎日新聞甲府支局など後援)が開かれ、多くの観覧客でにぎわっている。直筆原稿や写真など約180点を展示。同館は「…

「石川啄木 愛と悲しみの歌」山梨県立文学館 <その 2 >啄木行事レポート

<啄木行事レポート> 文学館の塀の上の大きなボード。 ◎ 開催にあたって 近藤信行 山梨県立文学館館長 啄木はその人生のなかでおのれをしっかりとみつめ、短歌や散文で表現しています。そこには読者に訴える力があります。…人間洞察と時代感覚をそなえたす…

みた、金環日食 ! !

[幸運のリング]隠れ始めは太陽がよく見えていた。金環になるころは雲がじゃまをして、ほとんど太陽の位置もわからないくらいだった。 ちょうどリングになるころに、うす雲の合間からこの光が届いた。子どもたちやおとなたちから歓声があがった。 カラスが騒…