〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.60〜61)邦人の顔たへがたく卑しげに


[焼きたての麺麭に似たり]


我を愛する歌


(P.60)


   邦人の顔たへがたく卑しげに
   目にうつる日なり
   家にこもらむ


   この次の休日に一日寝てみむと
   思ひすごしぬ
   三年このかた


<ルビ>邦人=くにびと。休日=やすみ。一日=いちにち。三年=みとせ。


(P.61)


   或る時のわれのこころを
   焼きたての
   麺麭に似たりと思ひけるかな


   たんたらたらたんたらたらと
   雨滴が
   痛むあたまにひびくかなしさ


<ルビ>或る時=あるとき。麺麭=ぱん。雨滴=あまだれ。


《つぶやき》
自分を肯定し自分を好きだと思うこころは、ひとが生きていくときにとても重要になる。「或る時のわれのこころを…」を読むと、啄木がどれだけ自分を肯定しているかがわかる。焼きたてのパンに似ている「われのこころ」は、こんがりふわっと温かく、酵母の香りがしているのだろう。