〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

新刊! 『石川啄木の過程』新木 安利(著)  

f:id:takuboku_no_iki:20191004161303j:plain

マテバシイ

 『石川啄木の過程』

新木 安利(著/文)  発行 海鳥社

 発売予定日 2019年10月15日

 定価 2,000円+税 

紹介

「天才」意識を持ち、文学で身をたてることに疾走する啄木。その「挫折」、そして、貧困のなかで、自己を改善し、自己の哲学を実行せんとする[真の詩人]をめざした啄木の生の軌跡を作品を通して読む。

 

著者プロフィール

新木 安利 (アラキ ヤストシ)1949年,福岡県椎田町に生まれる。北九州大学英文学科卒業。元図書館司書。1975年から『草の根通信』の発送を手伝う。

【著書】『くじら』(私家版,1979年)、『宮沢賢治の冒険』(1995年)、海鳥社 【編著書】前田俊彦著『百姓は米を作らず田を作る』(海鳥社、2003年)、『松下竜一未刊行著作集』全5巻(海鳥社,2008年-2009年)

 

石川啄木の過程 新木 安利(著/文) - 海鳥社 | 版元ドットコム