〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

啄木のふるさとで 短歌甲子園開幕

f:id:takuboku_no_iki:20190817154321j:plain

サギソウ

啄木の地 輝け感性 短歌甲子園 盛岡で開幕

  • 第14回全国高校生短歌大会(短歌甲子園)は16日、盛岡市渋民の姫神ホールで開幕した。全国21校の生徒約80人が集い、若者らしい感性を31文字で競う。
  • 開会式に続き、石川啄木記念館などを巡って歌を考える題詠ツアーに挑戦した。
  • 盛岡工高は6年ぶりの出場で、鎌田力也さんは「日常見聞きする出来事を自分なりに工夫して表現する」と抱負を述べた。

(2019-08-17 岩手日報

 


 

NHK岩手 NEWS WEB

短歌甲子園」盛岡で始まる

  • 短歌甲子園」は、高校生に短歌を通して交流してもらおうと、盛岡市が毎年、開いているものです。
  • 石川啄木記念館では、啄木が友人たちに出した手紙や、啄木が弾いていたとされるバイオリンやリードオルガンを見るなどして、啄木が当時、どのような生活をしていたのか学んでいました。
  • 沖縄県の高校2年の島袋乃碧さんは、「短歌だけでなく、バイオリンを弾くなどさまざまな事に挑戦していたことがわかり、感銘を受けました」と話していました。

(2019-08-16 NHK岩手 NEWS WEB)

 

「短歌甲子園」盛岡で始まる|NHK 岩手県のニュース

 



IBC岩手放送

高校生歌人の頂点へ 「短歌甲子園」開幕

  • 式では前年度の団体戦優勝校、茨城県立下館第一高校の大幡浅黄さんが「私たちは本大会において仲間と団結し、全力を尽くし、精一杯短歌を楽しむことを誓います」と、選手宣誓をしました。

(2019-08-16 IBC岩手放送

 

高校生歌人の頂点へ 「短歌甲子園」開幕/岩手・盛岡市(IBC岩手放送) - Yahoo!ニュース

 


 

若き感性競う短歌甲子園/岩手・盛岡市

  • 高校生が短歌の表現力を競う短歌甲子園が盛岡で開かれていて、若い感性が紡ぎだす力作が次々と披露されています。
  • 17日の午前中は3人1チームで詠みあう団体戦の予選が行われ、「川」をテーマに次々と短歌が披露されました。

能代高校・堀内和佐さん)
「あの夏の 優勝胸に 走る川 指遣いまだ 忘れずにいる」

(2019-08-17 IBC岩手放送

 

若き感性競う短歌甲子園/岩手・盛岡市 | IBC NEWS

 


 

岩手めんこいテレビ

短歌甲子園 盛岡で開幕 全国の高校生が競う

  • 県内からは、前回準優勝の盛岡第三高校や、盛岡第四高校、それに盛岡工業と花北青雲の4校が出場している。
  • 2018年準優勝の盛岡三高・鈴木倫華さんは、「先輩方が頑張って準優勝までしてくださって、ことしこそは令和になったばかりだし、盛岡三高が頂点を取りたい」と話した。

(2019-08-16 岩手めんこいテレビ

 

短歌甲子園 盛岡で開幕 全国の高校生が競う - FNN.jpプライムオンライン