〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

啄木・白秋・茂吉 三冊の歌集が現代短歌に与えた巨大な影響

f:id:takuboku_no_iki:20190611165847j:plain

アジサイ

毎日文化センター 講座

近代短歌の青春 啄木・白秋・茂吉

・講師:関西大学名誉教授 鵜飼康東
・講座タイプ:公開講座

・コース 2019年7/16、8/20、9/17の各火曜13:30~15:00

・受講料 全3回7,460円
・開催地 大阪

  • 日本語の思想的な深さ、音感の強さ、および律動の美しさを作り上げた石川啄木北原白秋、齋藤茂吉の作品を取り上げます。
  • 明治41年(1908年)5月2日、22歳の青年が陸軍省医務局長・陸軍軍医総監・森鴎外の私邸を訪問しました。鴎外が主宰していた歌会に出席するためです。石川啄木(1886-1912)です。彼はそこで北原白秋(1885-1942)という一歳年長の美青年に会います。
  • 啄木は明治43年(1910年)12月に歌集『一握の砂』を刊行し、大正2年(1913年)、詩人白秋は歌集『桐の花』を、医師茂吉は歌集『赤光』を出版します。
  • この三冊の歌集が現代短歌に与えた巨大な影響を、歌人で経済学者の講師がやさしく解説します。

 

毎日文化センター