〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

 「啄木を育てた北海道」  国際啄木学会北海道八雲大会 10/7〜8


[キツツキ]


2017年国際啄木学会北海道八雲大会

 [大会テーマ] 啄木を育てた北海道−新聞・人・短歌−

  • 日時 2017年10月7日(土)11:00〜20:00(懇親会を含む)、8日(日)9:30〜15:30(午後に文学・歴史散歩)
  • 会場 はぴあ八雲(八雲商工会施設)、遊楽亭(懇親会)


◯10月7日(土)理事会、開会行事、記念講演、パネルディスカッション、懇親会
 11:00〜12:30 理事会
 13:00〜13:10 開会挨拶 大室精一(国際啄木学会副会長)、長江隆一(八雲大会実行委員長)、岩村克詔氏(八雲町長)
 13:10〜14:00 開会行事
  ・講演「八雲町と徳川家」幸村恒夫氏(郷土史研究家)
  ・啄木歌曲合唱 1.やはらかに、2.初恋、3.ふるさとの山に向ひ 八雲啄木会
  ・啄木短歌吟詠 1.ふるさとを詠う、2.北の大地を詠う
    畑山貞義氏(吟剣詩舞全国大会優勝者、国際啄木学会・八雲啄木会会員)
  ・ミニ講演「啄木人生の方程式」長江隆一氏(国際啄木学会会員・八雲啄木会会長)
 14:10〜15:10 記念講演 太田登氏(天理大学名誉教授)「啄木文学における北海道体験の意味」
 15:20〜16:50 パネルディスカッション「啄木を育てた北海道−新聞・人・短歌−」
 〈コーディネーター〉若林敦氏(長岡技術科学大学教授)
 〈パネリスト〉西連寺成子氏(明治大学非常勤講師)
        松平盟子氏(歌人・『プチ★モンド』主宰)
 〈コメンテーター〉北畠立朴氏(国際啄木学会北海道支部長)
          櫻井健治氏(函館山ロープウェイ(株)代表取締役専務)
 16:50 1日目閉会挨拶
 18:00〜20:00 懇親会 会場:遊楽亭(八雲温泉ホテル) 会費:5,000円


◯10月8日(日)研究発表、文学・歴史散歩
 9:30 研究発表(発表20分、質疑応答10分)
 9:30〜10:00 柳原恵津子氏(明治大学大学院生)
     啄木調「かな」出現の契機 ―与謝野晶子吉井勇との関係という側面から―
 10:00〜10:30 山田武秋氏(国際啄木学会盛岡支部
     折口信夫「思想などない啄木」をめぐって

 10:40〜11:10 応宜娉(おう ぎへい)氏(明治大学大学院生)
     周作人における石川啄木受容の考察

 11:10〜11:40 P. A. ジョージ氏(インド・ネルー大学教授)
     啄木短歌の感情の普遍性−『一握の砂』を中心に−

 11:40 2日目閉会挨拶


 13:00〜15:30 文学・歴史散歩
   八雲町木彫り熊資料館
   鶴田知也文学碑(「コシャマイン記」で第3回(1936年上期)芥川賞
   噴火湾パノラマパーク

 15:30 JR 八雲駅着(予定)


詳細 国際啄木学会