〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.84〜85)師も友も知らで責めにき


[キンミズヒキ]


煙 一


(P.84)


   師も友も知らで責めにき
   謎に似る
   わが学業のおこたりの因


   教室の窓より遁げて
   ただ一人
   かの城址に寝に行きしかな


<ルビ>因=もと。遁げ=にげ。城址=しろあと。


(P.85)


   不来方のお城の草に寝ころびて
   空に吸はれし
   十五の心


   かなしみといはばいふべき
   物の味
   我の嘗めしはあまりに早かり


<ルビ>不来方=こずかた。


《つぶやき》
不来方のお城の草に寝ころびて」の歌。
わたしの修学旅行は不来方城だった。あのころ気になる人がいた。その人を含む集団を目の隅で追いながら、わたしは友だちとふたり芝生に寝ころんでいた。光の色や風の匂いがいま浮かんでくる。