〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

研究に欠かせない!『続 石川啄木文献書誌集大成』

f:id:takuboku_no_iki:20181129141700j:plain

[『続 石川啄木文献書誌集大成』]

続 啄木文献集を刊行 佐藤さん(国際啄木学会理事)20年分収集

  • 盛岡市出身の歌人・詩人石川啄木に関連する文献や新聞記事など20年分の目録をまとめた『続 石川啄木文献書誌集大成』(桜出版)が刊行された。研究者や愛好者にとって欠かせない一冊となりそうだ。
  • 著者の佐藤勝さんは、1901年から1998年までの文献約20,000点を集めた『石川啄木文献書誌集大成』(武蔵野書房)を99年に刊行。啄木研究の基礎データとして高い評価を受け、2000年に第15回岩手日報文学賞啄木賞を受賞した。
  • 続編では、啄木自身や著作について記した1998年以降の書籍や雑誌のほか、新たに新聞記事や講演レジュメ、催事チラシ類を発行日順に収録。総数は約14,000点に上る。編著人名索引を付け、前著の補遺文献、正誤表も収めた。

『続 石川啄木文献書誌集大成』

  
著者 佐藤 勝
 2018年12月 発行 定価 3240円
 ・購入・問い合わせ 桜出版

 岩手県紫波郡紫波町犬吠森字境 122
 TEL. 019-613-2349

(2018-12-14 岩手日報