〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

「台湾文学の珠玉シリーズ」台日作家が語る客家文学/創作観

f:id:takuboku_no_iki:20181212154546j:plain

シンポジウム「台日作家が語る客家文学・台日作家が語る創作感」

・2018年12月15日(土)、16日(日)(12:30開場、13:00開演 入場無料)
・会場 台北駐日経済文化代表処台湾文化センター (東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)

  林 水福・台湾国際啄木学会会長が統括
  池田 功・国際啄木学会会長が座長として参加

  • 虎ノ門台北駐日経済文化代表処 台湾文化センターにて、林水福・台湾国際啄木学会会長が統括する客家委員会主催のシンポジウムが「台日作家が語る客家文学」(15日)、「台日作家が語る創作観」(16日)をテーマに開催されます。このシンポジウムには池田功・国際啄木学会会長も座長として参加、16日には文藝春秋社元編集長で芥川賞直木賞の選考等に長く関わった鈴木文彦氏も講演者として登壇します。
  • このシンポジウムは今年6月末に台湾の客家文学作品5作品(小説3作、詩2作)が日本語に翻訳出版されたことに伴い開催されるもので、台湾から作家が訪れ、日本の文学ファンと交流を図るために開催されるものです。
  • 日本語が堪能なスタッフが大勢いますから、言葉の問題は心配ありません。ぜひ、多くのご来場をお待ちいたしております。

 

f:id:takuboku_no_iki:20181212160323j:plain

 

台湾と日本の作家が語る客家文学

・2018年12月15日(土)(12:30開場、13:00開演 入場無料)

 

 作家による作品紹介
  座長 下村作次郎 天理大学名誉教授

  作品『藍彩霞の春』『曾貴海詩選』『利玉芳詩選』『冬将軍が来た夏』


 テーマ「蜂飼耳が語る客家小説」
  座長 末岡実 フェリス女学院大学 名誉教授

 テーマ「浜江順子が語る曾貴海の詩」
 テーマ「杉本真維子が語る利玉芳の詩」
  座長 池田功 明治大学教授・国際啄木学会会長


日台作家の交流
・2018年12月16日(日)(13:00会場、13:30開演)

 

詳細等

【シンポジウム】客家文学作品翻訳および海外推進プロジェクト東京プログラム 台日作家が語る客家文学.台日作家が語る創作観-台北駐日経済文化代表処台湾文化センター