〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.90〜91)今は亡き姉の恋人のおとうとと


[バラ]


煙 一


(P.90)


   今は亡き姉の恋人のおとうとと
   なかよくせしを
   かなしと思ふ


   夏休み果ててそのまま
   かへり来ぬ
   若き英語の教師もありき



<ルビ>来ぬ=こぬ。


(P.91)


   ストライキ思ひ出でても
   今は早や吾が血躍らず
   ひそかに淋し


   盛岡の中学校の
   露台の
   欄干に最一度我を倚らしめ


<ルビ>早や=はや。吾が血=わがち。躍らず=をどらず。露台=バルコン。欄干=てすり。最一度=もいちど。倚らしめ=よらしめ。


《つぶやき》
「盛岡の中学校の」の歌。
倚るところ、倚れるところ、倚ってもガッシリと支えてくれるところに我を置きたい。心の中に心棒のようなものを持っていたい。啄木にとっての倚るところは、盛岡中学校の露台であったのだろうか。