〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.56〜57)うぬ惚るる友に


[モミジバフウの実]


我を愛する歌


(P.56)


   うぬ惚るる友に
   合槌うちてゐぬ
   施与をするごとき心に


   ある朝のかなしき夢のさめぎはに
   鼻に入り来し
   味噌を煮る香よ


<ルビ>うぬ惚る=うぬぼる。合槌=あひづち。施与=ほどこし。欲り=ほり。来し=きし。


(P.57)


   こつこつと空地に石をきざむ音
   耳につき来ぬ
   家に入るまで


   何がなしに
   頭のなかに崖ありて
   日毎に土のくづるるごとし