〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.52〜53)人並の才に過ぎざる

[ヘクソカズラ]


我を愛する歌


(P.52)


   人並の才に過ぎざる
   わが友の
   深き不平もあはれなるかな


   誰が見てもとりどころなき男来て
   威張りて帰りぬ
   かなしくもあるか


(P.53)


   はたらけど
   はたらけど猶わが生活楽にならざり
   ぢつと手を見る


   何もかも行末の事みゆるごとき
   このかなしみは
   拭ひあへずも


<ルビ>猶=なほ。生活=くらし。拭ひ=ぬぐひ。


《つぶやき》

“はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢつと手を見る”

この方法でGoogle検索をいれたら、17500件ヒットした。興味を覚えたので他の有名そうな歌も検索してみた。

  • 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる 4600件
  • いのちなき砂のかなしさよさらさらと握れば指のあひだより落つ 6700件
  • たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず 3800件
  • 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ 6000件
  • 不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心 5800件
  • ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく 6900件
  • やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに 5400件
  • ふるさとの山に向ひて言ふことなしふるさとの山はありがたきかな 9200件


今日の歌

  • 人並の才に過ぎざるわが友の深き不平もあはれなるかな 30件
  • 誰が見てもとりどころなき男来て威張りて帰りぬかなしくもあるか 50件
  • はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢつと手を見る 17500件
  • 何もかも行末の事みゆるごときこのかなしみは拭ひあへずも 20件

検索方法により違いは出るが、現在、「はたらけど…」がダントツ。今の世に一番フィットしているのだろうか。