〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

秋田県角館 新潮社元会長の資料展示 啄木書簡も

f:id:takuboku_no_iki:20190905152308j:plain 

イヌシデ

文豪の直筆原稿一堂に 仙北市角館、新潮社元会長の資料展示

  • 太宰治の小説「斜陽」の生原稿や夏目漱石の小説「倫敦消息」の生原稿をはじめ、新潮社の佐藤俊夫元会長の遺品にあった貴重な資料を集めた企画展「矢来町のたからもの 佐藤俊夫新潮社元会長旧蔵資料の輝き」が2日、秋田県仙北市角館町の新潮社記念文学館で始まった。
  • 会場には26歳で亡くなった石川啄木の書簡も並んだ。漱石が自画像などを描いた絵はがき6通や編集者宛てのアンケートはがきなど珍しい資料も見ることができる。10月20日まで。

(2019-09-03 秋田魁新報

 

文豪の直筆原稿一堂に 仙北市角館、新潮社元会長の資料展示|秋田魁新報電子版