〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い 息づかいに触れてみたい

就職したくない啄木は「一生懸命書いて居れば」と……

ラベンダーとユーフォルビア

書籍『こじらせ文学史 ~文豪たちのコンプレックス~』(ABCアーク)から抜粋

堀江宏樹:作家、歴史エッセイスト(DIAMOND online)

 

石川啄木は小説を書く根気がなくて歌人になった!?

・もともと石川啄木は小説家志望だった。現在の啄木の肩書が「歌人」になっているのは、彼に小説を量産していくだけの気力・体力がなかったことを意味している。

・そんな啄木が継続してカタチにして残せたのが、一瞬のひらめきだけで完成できる短歌だったのだ。

 

ニュースな本 | ダイヤモンド・オンライン