〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

若々しい交流をたどる 石川啄木と金田一京助

f:id:takuboku_no_iki:20191115160005j:plain

ブルーベリー

盛岡・2記念館で企画展

 啄木、京助 たどる足跡

  • 石川啄木記念館の企画展は「啄木と文の京」。文学を志し上京した啄木は、亡くなるまでの4年間を文京区で暮らした。展示は年代順の3章構成。
  • 「不甲斐なきは僕のからだである」。最晩年にしたためた友人への書簡には、思うようにならない病身への悔しさがにじむ。
  • 京助と啄木との縁は終生続き、文京区で同宿していた時期に共通の友人に宛てた書簡には、志を抱いた2人の若々しい交流がしるされている。

(2019-11-14 岩手日報

 

第12回企画展「啄木と文の京(ふみのみやこ)」*開催中*- 石川啄木記念館

 

第62回企画展「金田一京助―盛岡市と文京区を中心に―」- 盛岡市先人記念館