〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

「石川啄木の地図の歌」ブログ紹介

 

f:id:takuboku_no_iki:20190913151622j:plain

ミズナラ

 「今日から始める『地図の雑学辞典』」

179.石川啄木の地図の歌

石川啄木(1886-1912)は、以下の二つのことで地図と測量に係わりがあります。

彼を流浪の詩人と呼ぶ人がいるように、地名の含まれた歌が多いのです。今ひとつは、下記のようによく知られた「地図」を含んだ歌が多く詠まれています。


 地図の上
 朝鮮国にくろぐろと
 墨をぬりつつ秋風を聴く

 

 今のうちに
 忘れぬうちに
 故郷の村の地図を書いて置かんと思い立ちたる

 

書き残したいと思ったものを「地図」という言葉で代弁していることに、「地図好き人」は感じ入ります。

(2019-09-13 ブログ「華森から」)

 

今日から始める『地図の雑学辞典』179.石川啄木の地図の歌: 華森から