〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

「…天才者啄木を憶ひき夕日赤し」函館市文学館・文学の夕べ 9/21

f:id:takuboku_no_iki:20190824142920j:plain

ナツツバキ

 函館市文学館・第2回文学の夕べ】 

 「後輩ケンジへ、石川啄木拝」

   ~賢治命日に贈る、笛と太鼓と歌の手紙~
 
・2019年9月21日(土)18時30分開演

函館市文学館1階ラウンジ

・入場料300円(友の会会員240円/学生150円)

・お申込(定員50名)函館市文学館 0138-22-9014

 

作曲・指揮&お話:佐藤三昭(音楽プロデューサー・作家)
案内人:高橋リサ(童話作家


「宮沢氏と盛岡中学のバルコンに立ちて 天才者啄木を憶ひき夕日赤し」

  ー賢治の友・保阪嘉内の日記よりー
 
 賢治と、啄木。

 岩手に育ち、同窓に学び、
 芸術と現実の波間に消えた、ふたりの息ー。
 迎えにいこう。和洋楽と言葉の舟を出して。
 今宵、賢治の命日ー啄木もきっと、讃えている。
 後輩が刻んだ、魂の双曲線軌道を。

 

http://www.zaidan-hakodate.com/bungakukan/download/yu19-2.pdf