〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

短歌甲子園、優勝校決まる 啄木故郷の盛岡市で開催

f:id:takuboku_no_iki:20190819154916j:plain

共同通信

短歌甲子園、八戸高が初優勝 啄木故郷の盛岡市で開催

  • 勝戦の題は「咲」。「不可能を可能にさせた 汚れた手 無農薬のりんごの花咲く」と詠んだ八戸高1年の平こころさんは「青森の魅力を伝えようとりんごを題材に決めた」と笑顔で話した。

(2019-08-18 YAHOO!ニュース>共同通信

 

 短歌甲子園、八戸高が初優勝 啄木故郷の盛岡市で開催(共同通信) - Yahoo!ニュース

 



全国高校生短歌大会 昭薬付の國吉伶菜さんが特別審査員賞 団体は準V

  • 國吉さんは「大会にはさまざまな県の人が参加する。沖縄で感じる本土との温度差を詠もうと思った」と話した。
  • 団体戦は國吉さん、島袋乃碧(のあ)さん、徳村帆華(ほのか)さん=いずれも2年生=の3人で出場。トーナメント方式で対戦し、審査員が歌の優劣を判定した。決勝戦の題は「咲」だった。団体戦準優勝について國吉さんは「初めての参加だったので驚いている。来年は優勝したい」と意欲を見せた。

(2019-08-19 琉球新報

 

全国高校生短歌大会 昭薬付の國吉伶菜さんが特別審査員賞 団体は準V - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース