〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

新発売! 『啄木そっくりさん』は、どなた?

f:id:takuboku_no_iki:20190724143410j:plain

表紙

『啄木そっくりさん』

  大室 精一 著

  桜出版  1,200円(税別)

 

《プロローグ》より

 「大室君は啄木にそっくりだね。」と、岩城之徳先生に最初に言われたのは、私が大学二年生の時、「近代国文学」の授業だったと記憶している。それ以来、私は「啄木そっくりさん」と仲間たちから呼ばれるようになってしまった。

 

著者

大室 精一 (オオムロ セイイチ)  
 埼玉県生まれ。専攻は万葉集石川啄木



 

f:id:takuboku_no_iki:20190724143656j:plain

目次の一部

目次

 プロローグ 啄木そっくりさん

  • 第一章 啄木短歌の魅力 キーワード10(神童―そのかみの神童の名の 離散―石をもて追はるるごとく ほか)
  • 第二章 啄木研究史の転換 エポック10(カンニング(岩城之徳氏の伝記) 切断の歌(近藤典彦氏の発見) ほか)
  • 第三章 啄木寸感 アラカルト10(巻頭言「初めて短歌を作った頃」 巻頭言「年賀状の啄木歌」 ほか)
  • 第四章 前著『『一握の砂』『悲しき玩具』―編集による表現』エトセトラ10(序『一握の砂』『悲しき玩具』形成論の現在 ほか)

 エピローグ 青春の虚妄性に挑む(総長賞記念論文)わが青春のメッセージ

 

  

f:id:takuboku_no_iki:20190724144201j:plain

 

f:id:takuboku_no_iki:20190724145258j:plain

切り絵は後藤伸行氏(『切り絵 石川啄木の世界』ぎょうせい)

 

啄木名歌の完成にチャレンジ

  そのかみの神童の名の
  かなしさよ
  ふるさとに来て(a)《怒る・泣く・笑ふ》はそのこと

 

(a)《怒る・泣く・笑ふ》のどれでしょう?

 

『啄木そっくりさん』は、『クイズで楽しむ啄木101』とは姉妹編。


ぜひ手にとって、答えを楽しんでください!

 

申込は 桜出版へ

  メール sakuraco@leaf.ocn.ne.jp

  ファックス  019-613-2369