〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』---石川啄木関連・大学入試問題


[花筏]


龍谷大学 入試問題 2007年
  池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』
 -概略-
◎ 次の文を読んで、問いに答えなさい。
元気でありたい、長命でありたいとは誰しも願うところだが、これがなかなかむずかしい。
もともと「健康」の健は「すこやか」ということで、病気もせず元気でいる状態をいう語だった。
石川啄木も、
   すこやかに、
   背丈のびゆく子を見つつ、
    われの日毎にさびしきは何ぞ。(『悲しき玩具』)
と、子の健やかに育つ姿を歌っている。「すこやか」は「すくよか」といい、しっかりと堅固で他を寄せつけないさまを表す語だった。


問 石川啄木の作品を一つ選びなさい。
 ・赤口 ・月に吠える ・一握の砂 ・相聞
 ↓
 ↓
 
 ↓
 ↓

 
 →  →              解答  一握の砂