〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

教科書の中の石川啄木


[ハクセキレイ]


高等学校 国語教科書 平成25年度用所収

◎ 石川啄木短歌

   たはむれに母を背負ひて
   そのあまり軽(かろ)きに泣きて
   三歩あゆまず


   友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
   花を買ひ来て
   妻としたしむ


   みぞれ降る
   石狩(いしかり)の野の汽車に読みし
   ツルゲエネフの物語かな


   はたらけど
   はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり
   ぢつと手を見る


   やはらかに柳あをめる
   北上の岸辺目に見ゆ
   泣けとごとくに


   何となく、
   今年はよい事あるごとし。
   元日の朝、晴れて風無し。


   いのちなき砂のかなしさよ
   さらさらと
   握れば指のあひだより落つ


  • 大修館書店

   不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて
   空に吸はれし
   十五の心


  • 教育出版

   不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて
   空に吸はれし
   十五の心


   しらしらと氷かがやき
   千鳥なく
   釧路(くしろ)の海の冬の月かな


  • 東京書籍

   東海の小島の磯(いそ)の白砂(しらすな)に
   われ泣きぬれて
   蟹(かに)とたはむる


   友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
   花を買ひ来て
   妻としたしむ


  • 教研出版

   不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて
   空に吸はれし
   十五の心


   ダイナモ
   重き唸(うな)りのここちよさよ
   あはれこのごとく物を言はまし