〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.74〜75)男とうまれ男と交り


[ワレモコウ]


我を愛する歌


(P.74)


   男とうまれ男と交り
   負けてをり
   かるがゆゑにや秋が身に沁む


   わが抱く思想はすべて
   金なきに因するごとし
   秋の風吹く
 

<ルビ>交り=まじり。


(P.75)


   くだらない小説を書きてよろこべる
   男憐れなり
   初秋の風


   秋の風
   今日よりは彼のふやけたる男に
   口を利かじと思ふ


<ルビ>初秋=はつあき。彼の=かの。


《つぶやき》
秋が身に沁む・秋の風吹く・初秋の風・秋の風、秋の歌が見開き二ページに広がる。
本日より9月。