〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.72〜73)顔あかめ怒りしことが


[雨のあと・ヒペリカム・ヒドコート]


我を愛する歌


(P.72)


   顔あかめ怒りしことが
   あくる日は
   さほどにもなきをさびしがるかな


   いらだてる心よ汝はかなしかり
   いざいざ
   すこし呿呻などせむ


<ルビ>怒り=いかり。汝=なれ。呿呻=あくび。


(P.73)


   女あり
   わがいひつけに背かじと心を砕く
   見ればかなしも


   ふがひなき
   わが日の本の女等を
   秋雨の夜にののしりしかな


<ルビ>背かじ=そむかじ。日の本=ひのもと。女等=をんなら。秋雨=あきさめ。