〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.70〜71)叱られて


[ゼニアオイ]


我を愛する歌


(P.70)


   叱られて
   わつと泣き出す子供心
   その心にもなりてみたきかな


   盗むてふことさへ悪しと思ひえぬ
   心はかなし
   かくれ家もなし
 

<ルビ>子供心=こどもごころ。悪し=あし。かくれ家=かくれが。


(P.71)


   放たれし女のごときかなしみを
   よわき男の
   感ずる日なり


   庭石に
   はたと時計をなげうてる
   昔のわれの怒りいとしも


《つぶやき》
「放たれし女のごときかなしみを」の歌は、この歌集『一握の砂』後、啄木が亡くなってから発行された『悲しき玩具』の歌と≪放たれし女のごと≫のことばが同じである。

   放たれし女のごとく、
   わが妻の振舞ふ日なり。
    ダリヤを見入る。

二つの歌に出てくる男と女の違いが興味深い。