〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.66〜67)あたらしき心もとめて


[ワスレナグサ]


我を愛する歌


(P.66)


   あたらしき心もとめて
   名も知らぬ
   街など今日もさまよひて来ぬ


   友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
   花を買ひ来て
   妻としたしむ
   

<ルビ>来ぬ=きぬ。


(P.67)


   何すれば
   此処に我ありや
   時にかく打驚きて室を眺むる


   人ありて電車のなかに唾を吐く
   それにも
   心いたまむとしき


<ルビ>何=なに。此処=ここ。打驚き=うちおどろき。室=へや。唾=つば。


《つぶやき》
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」と、啄木は誰しも抱く感情をさらりと表す。啄木の癒しは花に妻。
自分はなんだろうと、思いに耽る。