〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.64〜65)誰が見ても


我を愛する歌


(P.64)


   誰が見ても
   われをなつかしくなるごとき
   長き手紙を書きたき夕


   うすみどり
   飲めば身体が水のごと透きとほるてふ
   薬はなきか
   

<ルビ>誰=たれ。夕=ゆふべ。身体=からだ。


(P.65)


   いつも睨むラムプに飽きて
   三日ばかり
   蝋燭の火にしたしめるかな


   人間のつかはぬ言葉
   ひよつとして
   われのみ知れるごとく思ふ日


<ルビ>睨む=にらむ。三日=みか。蝋燭=らふそく。


《つぶやき》
「うすみどり」の歌は、キアゲハの幼虫がサナギになるときの様子を思い出す。幼虫は身体中の不要なものを全て出し、透き通る淡い緑色になるという。悶え苦しみながら、しかも自分の脱皮した皮を食べながらだそうだが…。わたしは、透明になりたいと願う啄木の気持ちに未来を感じる。