〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.46〜47)何やらむ

[カリン]


我を愛する歌


(P.46)


   何やらむ
   穏かならぬ目付して
   鶴嘴を打つ群を見てゐる


   心より今日は逃げ去れり
   病ある獣のごとき
   不平逃げ去れり


<ルビ>穏か=おだやか。目付=めつき。鶴嘴=つるはし。群=むれ。病=やまひ。獣=けもの。


(P.47)


   おほどかの心来れり
   あるくにも
   腹に力のたまるがごとし


   ただひとり泣かまほしさに
   来て寝たる
   宿屋の夜具のこころよさかな


《つぶやき》
啄木に帰宅拒否症の気を感じる。
<拒否できる立場にあるかどうか>で罹患が決まるというのは、上から目線だろうか。帰りたくても帰れないのが主症状なのだから。