〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.42〜43)ことさらに燈火を消して

[浅草の凌雲閣(浅草寿町)]


我を愛する歌


(P.42)


   ことさらに燈火を消して
   まぢまぢと思ひてゐしは
   わけもなきこと


   浅草の凌雲閣のいただきに
   腕組みし日の
   長き日記かな


<ルビ>燈火=ともしび。凌雲閣=りよううんかく。腕組み=うでくみ。日記=にき。


(P.43)


   尋常のおどけならむや
   ナイフ持ち死ぬまねをする
   その顔その顔


   こそこその話がやがて高くなり
   ピストル鳴りて
   人生終る
  

<ルビ>尋常=じんじやう。人生終る=じんせいをはる。


啄木の息・文学散歩/浅草