〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

石川啄木 著(P.40〜41)目の前の菓子皿などを

[見上げれば…]


我を愛する歌


(P.40)


   目の前の菓子皿などを
   かりかりと噛みてみたくなりぬ
   もどかしきかな


   よく笑ふ若き男の
   死にたらば
   すこしはこの世のさびしくもなれ


<ルビ>菓子皿=くわしざら。


(P.41)


   何がなしに
   息きれるまで駆け出してみたくなりたり
   草原などを


   あたらしき背広など着て
   旅をせむ
   しかく今年も思ひ過ぎたる   


<ルビ>草原=くさはら。


《つぶやき》
「あたらしき背広など着て」は、迷わず萩原朔太郎にリンクする。

  「旅上」 萩原朔太郎 

  ふらんすへ行きたしと思へども
  ふらんすはあまりに遠し
  せめては新しき背廣をきて
  きままなる旅にいでてみん。
  汽車が山道をゆくとき
  みづいろの窓によりかかりて
  われひとりうれしきことをおもはむ
  五月の朝のしののめ
  うら若草のもえいづる心まかせに。