啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

啄木の短歌とワーキング・プア -JANJAN

【つつじの蕾】


「流行り言葉で読む日本の世相(3)」佐藤弘弥

  • 啄木の短歌「はたらけど はたらけど…」と「ワーキング・プア」について、市民メディア・インターネット新聞が取り上げている。
  • 番組では秋田県のある家族を取り上げ、働いても働いても生活が苦しい状態「ワーキング・プア」の実態を見せた。
  • さらに、現代人の潜在意識と深く共鳴する啄木の次のような歌を紹介している。

 どんよりと
 くもれる空を見てゐしに
 人を殺したくなりにけるかな 

(2007-05-25 JANJAN