啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

新年のご挨拶


[春を迎える]


““あけましておめでとうございます””

ご訪問ありがとうございます。
昨年はお世話になりました。


啄木が亡くなったのは、1912年。
人々の話の中に歌の中に書の中に新聞の中に……、登場する啄木に出会うとき、すぐそこにいる人のように感じてしまいます。103年という時の長さが飛んでいきます。


これからも一ファンとして、啄木の息づかいのするところを追っかけてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


皆さまにとりまして幸せの多い年になりますように!
────────────────────────────────────