啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

新年のご挨拶


あけましておめでとうございます
「啄木の息」にお越しくださいまして、ありがとうございます。
昨年はお世話になりました。

100年前に晴れた蒼空を見上げた啄木のように、
今年も上を向いて歩いていきます。
2013年が、皆さまにとりまして幸せな年でありますように。

    飛 行 機
                  1911. 6. 27. TOKYO.


  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。


  給仕づとめの少年が
  たまに非番の日曜日、
  肺病やみの母親とたつた二人の家にゐて、
  ひとりせつせとリイダアの獨學をする眼の疲れ・・・


  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。


         (石川啄木のノート『呼子と口笛』)



[啄木自筆ノートの複製]