啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

『約束の冬』「啄木の歌碑? 観に行きたいとは思わないわ」


[シロミノコムラサキ]


《作品に登場する啄木》
  『約束の冬』上・下
   宮本輝 文藝春秋


(下巻  P.140)

「裏切り者ってのは、血判状に名をつらねたやつのなかから出るのよ」
小巻は言って、自分の軽自動車のドアをあけ、
「さあ、これから小樽の街の観光スポットをひととおり案内するわね。まず小樽運河。入ってみたいお店があったら、ここに入ってみたいって遠慮なく言ってね」
と微笑み、石川啄木の歌碑が小樽の花園公園のなかにあるが、観たいかと訊いた。
「歌碑? わざわざ観に行きたいとは思わないわねェ。どんな歌が刻まれてるの?」
「──こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて 死なむと思ふ」
小巻はきっとその歌が好きなのであろうと留美子は思いながら、助手席に乗った。