啄木の息

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

石川啄木 著(P.24〜25)かなしきは

[アスパラインゲン]


我を愛する歌


(P.24)


   かなしきは
   飽くなき利己の一念を
   持てあましたる男にありけり


   手も足も
   室いつぱいに投げ出して
   やがて静かに起きかへるかな


<ルビ>室=へや。


(P.25)


   百年の長き眠りの覚めしごと
   呿呻してまし
   思ふことなしに


   腕拱みて
   このごろ思ふ
   大いなる敵目の前に躍り出でよと



<ルビ>百年=ももとせ。呿呻=あくび。腕拱みて=うでくみて。


《つぶやき》
静かに思索し静かに闘いの炎を燃やし静かの心でいたいから、男は狭い畳の部屋でのたうちまわる。