〖 啄木の息 〗

石川啄木の魅力を追い息づかいに触れてみたい

2011-05-30から1日間の記事一覧

石川啄木 著(P.64〜65)誰が見ても

我を愛する歌 (P.64) 誰が見ても われをなつかしくなるごとき 長き手紙を書きたき夕 うすみどり 飲めば身体が水のごと透きとほるてふ 薬はなきか <ルビ>誰=たれ。夕=ゆふべ。身体=からだ。 (P.65) いつも睨むラムプに飽きて 三日ばかり 蝋燭の火に…